メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » めまい発生時の対処法

めまい発生時の対処法

メニエール病のめまいが引き起こされたときの対処法を紹介しています。

めまいが起きた時は休める場所の確保を

メニエール病のめまいが起きた時は、休める場所の確保をしましょう。落ち着いた環境で心身を休めることが一番の対処法です。

過去の経験から前兆を感じ取れる方は、めまいが起きそうなときは外出を控えるようにしましょう。自宅で心身を休めることが適切な対処法になります。

外出時にめまいが起きた方は、周りにメニエール病の発作であることを伝え、休める場所を確保してもらいましょう。激しいめまいに周りの方やご自身が驚くかもしれませんが、メニエール病のめまいで命を落とすことはありません

周囲の方、自分自身に落ち着いて対処するよう言い聞かせてください。

親切な方が周囲にいる場合、救急車を呼ぼうとするかもしれません。病院で適切な処置を受けることは大切ですが、発作が強いときに車に乗ると余計に気持ち悪くなることがあります。ケースによってはあまりお勧めできないので、まずは落ち着いて休める場所を確保するようにしましょう。

楽な姿勢で落ち着くまで休む

自宅、外出先で休める場所を確保したら、楽な姿勢をとるようにしましょう。

一般的に、難聴のある耳を上にして横になると楽になるといわれています。また、めまいが起きているときは、目を閉じたほうが楽です。落ち着ける環境を作り心身ともに休んでください。トイレに行きたくなったら、出来るだけ誰かに付添ってもらいましょう。

食事に関しては、めまいがある間は無理をして取る必要はありません。水分補給だけを心掛け、万が一の嘔吐に備え洗面器などを用意しておくとよいでしょう。

お薬がある方は服用を

めまいで何度も悩まされている方の中には、お薬の処方を受けている方がいるかもしれません。めまいが起きた時用のお薬を処方されている方はその薬を利用してください。発作に対処できる薬なので、辛い症状が緩和されるはずです。

めまいが発生した時は、身体と心を休めること。お薬がある場合はその薬を利用することが重要です。辛い症状ですが、落ち着いて対処するようにしてください。

このページの上部へ ▲