メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » メニエール病と年齢の関係

メニエール病と年齢の関係

メニエール病は、年齢に応じて発症リスクに違いがあります。ここでは、発症しやすいと言われる年齢と対処法について紹介します。

メニエール病が発症しやすいのは30~40代

メニエール病を発症した年齢を調査した結果によると、メニエール病を発症している方の大半は30代~40代の方に集中しています。特に男性の場合は30代、女性の場合は40代が多いため、中高年は気をつけなければなりません。

逆に10代や70代の方はメニエール病を発症しにくく、病院で治療を受ける数も少ないようです。

30代~40代の方はメニエール病を発症しやすいので、めまいや耳鳴りを感じた場合は一度病院で検査を受けるようにしましょう。

なぜ30~40代でメニエール病の発症者数が増えるのか

メニエール病が発症する原因は明らかになっていません。

しかし、原因にあたる部分で、最も可能性が高いのはストレスだということはわかっています。このストレスを抱える世代が30代~40代に多いと言われていることが大きいでしょう。

実際、30代女性がストレスを体感しやすく、他の世代に比べてメニエール病を発症する可能性が高いと言われています。30代以降になると、社会人として自立していく世代。そのため、日常生活からさまざまなストレスを抱える機会が増えるようです。

また、ストレスを発生させるのは仕事だけではありません。結婚や離婚などのライフイベントによっても発生することもあります。例えば、結婚することで家族への責任が増えることによるストレス、家事や育児で溜まった疲れがストレスに繋がることもあるでしょう。

なお厚生労働省が実施した国民生活基礎調査によると、悩みやストレスを抱えている方の数が最も多いのは40代だと言われています。

このように、中高年にあたる世代はメニエール病の原因になりうるストレスを抱える可能性が高いため、注意しなければなりません。

生活環境に負けない!ストレスとの付き合い方

日常生活や仕事を長い間続けていると、少しずつ身体の中にストレスや悩みが溜まっていきます。

ストレスや悩みによるメニエール病の発症を防ぐには、なんらかの対策を行ってストレスや悩みを定期的に解消することがとても大切です。

30代の方におすすめの対処法

さまざまなライフイベントが増える30代の方は他人と自分を比較し、生活に不満や悩みを感じてしまう事が多いです。こういった不満や悩みを解消するには、1日に1回は自分だけの時間を作る必要があります。

入浴時間や通勤時間を活用して、自分の中に存在する悩みや不満と向き合ってみましょう。また不満や悩みを解消するには、感情を抑え込まないように対応することも必要です。

怒りや悲しみなどの感情を抑え込んでしまうと、不眠や自律神経の乱れなどを引き起こしてしまいます。感情をありのままに表現し、ストレスや不満が溜まらないように対処しましょう。

40代の方におすすめの対処法

40代はキャリアアップするにつれて責任が増え、大きなストレスを感じやすくなります。更年期障害が出始める時期でもあるので、早めにストレス対策を行うのがベストです。

一人で仕事や家事を全て抱え込んでしまうと、ストレスが溜まる上に作業効率も悪くなります。少しでも負担を減らすためにも、一人で仕事や家事を行うのが辛い場合は周囲に助けを求めましょう。

興味のあるコミュニティなどへ積極的に参加し、仕事以外の場所で楽しみを作ることも大切です。いろいろな楽しみを見つけておくと、今後の生活をより楽しくすることができます。

年齢とうまく付き合うことが大切

30~40代という年齢によるストレスにより、メニエール病が発症しやすいリスクがあることがわかりました。

しかし、30代~40代になるとだれでも発症するものではなく、年齢とうまく付き合うことで予防できます。特にストレスを溜めこまないことが重要なので、うまく発散できる方法を取り入れるようにしましょう。

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病の治療方法
手術
栄養療法
サプリメントで予防
内耳破壊手術
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
ハイゼット
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲