メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » メニエールと似た病気

メニエールと似た病気

こちらでは、メニエール病と間違われやすい、症状が似た病気についてご紹介しています。

遅発性内リンパ水腫

遅発性内リンパ水腫は難病指定されている疾患のひとつで、原因は解明されていませんが、内耳にリンパ水腫が引き起こされることが原因だと考えられています。

日本で発症している人は4,000~5,000人ほどいると言われており、2012年のデータで40,000~60,000人ほどとされていたメニエール病よりも稀な疾患だと言えます。

参考:難病情報センター「遅発性内リンパ水腫(指定難病305)」
http://www.nanbyou.or.jp/entry/148

参考:渡辺行雄「メニエール病診療最近の動向」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka/115/9/115_866/_pdf

メニエール病と似ている点

遅発性内リンパ水腫の症状は次のようなものが特徴的で、いずれもメニエール病の症状とほとんど同じです。

  • 難聴が発生する
  • めまいを伴う
  • 耳鳴りが起きる
  • 耳の閉塞感

どちらの疾患も、原因は内リンパ水腫が引き起こされることにあるので、疾患としてはかなり似ています。

難聴と耳鳴りが発生してからめまい症状が起きるという点、そして原因も含めて、遅発性内リンパ水腫はメニエール病と最も似た病気であると言えるでしょう。

メニエール病と異なる点

メニエール病の場合は耳鳴りや耳の閉塞感が起きた後、すぐにめまいが起きることが多く、場合によってはめまいと耳鳴り、難聴などの症状が同時に発生することもあります。

ところが、遅発性内リンパ水腫の場合は重度の難聴が続いた後、数年後に初めてめまい症状が起きるという点が一番の違いです。

また、遅発性内リンパ水腫では回転性のめまいを伴いますが、メニエール病では回転性ではなく誘導性の場合があるという点も異なっています。

前庭神経炎

前庭神経炎は主に三半規管や耳石器官にヘルペスウイルスが感染することによって起こります。ただし、それ以上の原因ははっきりと分かっていません。

少し前のデータですが、1999年の患者数はメニエール病の1/4程度と言われており、発症する確率はメニエール病よりも低い疾患です。メニエール病の患者数は年々増えていると言われているので、現在では患者数の差はもう少し大きくなっている可能性もあります。

参考:飯田政弘「前庭神経炎について」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser1971/60/4/60_4_258/_pdf

メニエール病と似ている点

メニエール病と似ている点としては、突然めまい症状が起きるという点です。

激しいめまいが数日間継続して起こり、その後もめまいの発作を繰り返し、立ち上がることもできないくらいの状態になります。救急車で運ばれる人もいるくらいの激しいめまいである点も、メニエール病と似ています。

めまいは回転性の場合もありますが、体がふらつくような動揺性のめまいがあるという点も似ています。また、めまいによって吐き気や嘔吐を伴うことがあるという点も同じです。

メニエール病と異なる点

前庭神経炎は突然めまいが起きるという点ではメニエール病と似ていますが、よく観察してみると、症状自体が異なるということに気がつきます。

メニエール病では耳鳴りや難聴症状が起こりますが、前庭神経炎では耳に症状が出ることはないと言われています。そのため、めまい症状のみであれば、前庭神経炎を疑えるでしょう。

また、原因も異なっており、メニエール病は内耳の内リンパ水腫が原因となりますが、前庭神経炎では内耳や内耳にヘルペスウイルスが感染し、脳と内耳との神経に障害が起きることが原因だと考えられています。

聴神経腫瘍

聴神経腫瘍は耳の疾患ではなく脳の疾患です。脳の聴力に関わる神経の周りに腫瘍ができることが原因で、疾患の種類としては脳腫瘍となります。

聴神経腫瘍は脳腫瘍と診断される患者数の10%ほどと言われており、2005年の脳腫瘍患者数は約15,300人なので、年間で約1,500人が発症することになります。

参考:一般社団法人日本ガンマナイフ学会「聴神経腫瘍」
http://www.gamma-knife.jp/case/detail/at.html

参考:東京医科大学脳神経外科「脳腫瘍総論」
http://team.tokyo-med.ac.jp/nou/neuro/disease01.html

メニエール病と似ている点

聴神経腫瘍では次のような症状が発生し、メニエール病と非常に似ていることがわかります。

  • 聴力が低下する
  • 耳鳴りが起きる
  • 突発性難聴が起きる場合もある
  • 腫瘍が大きい場合めまいを伴う

初期症状は聴力が低下することで、その後めまいが発生するという経過も似ています。難聴や耳鳴りが引き起こされるという点でも同じです。

メニエール病と異なる点

聴神経腫瘍では、初期症状の聴力低下は気づかないことも多いくらいに小さなものです。人ごみの中での会話が聞こえづらいというくらいのもので、メニエール病の方が突然耳への症状が現れます。

また、めまいは症状が進行してからでないと感じないので、難聴のすぐ後にめまいが起きるメニエール病とは症状の出方が異なります。

聴神経腫瘍の腫瘍が大きくなってくると、顔面の麻痺や頭痛、視界が二重になるなどの症状が発生して、平衡感覚がなくなるため真っすぐ歩くことができなくなる場合もあります。

メニエール病ではこのような症状は出てこないため、明らかに異なっている点だと言えるでしょう。

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病の治療方法
手術
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲