メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » メニエール病は難病認定されているのか

メニエール病は難病認定されているのか

難病認定とは

難病認定とは、一定の条件に当てはまる疾患に対して、厚生労働省が難病を指定する制度です。その条件とは次のようになっています。

  • 原因が不明であること
  • 治療方法が明らかになっていないこと
  • 慢性的な症状が続くこと
  • 発症数が少ない疾患であること

以上の4つの条件を満たす疾患が「難病」と認定され、原因究明や治療法確立のための調査研究や、患者支援の対象となっています。

指定難病について

厚生労働省が定める難病認定の中でも、特に適切な医療が必要だとされるものが、「指定難病」として認定されます。指定難病として認定される疾患は、上でご紹介した難病指定の条件に加えて、更に2つの条件を満たしたものです。

  • 患者数が一定の人数以下であること
  • 診断基準が確立されていること

「一定の人数」というのは、「人口の約1/1000」程度とされています。難病よりも指定難病の方が条件的に厳しくなっており、現在指定難病として登録されている疾患は330疾病です(2017年11月時点)。

そして、難病として国から補助を受けられるのは、この指定難病として認定されてる疾患となります。

メニエール病の難病指定について

メニエール病は厚生労働省によって「特定疾患」として定められていました。ですが、メニエール病は指定難病には認定されていません。

上でご紹介した指定難病は平成27年から開始された「難病の患者に対する医療等に関する法律」によって認定されていますが、この法律の成立によって特定疾患への国からの補助はなくなりました。

この法律が成立する以前は、特定疾患治療研究事業によって特定疾患の方に助成金が出ていました。

ですが、「特定疾患治療研究事業」から「難病の患者に対する医療等に関する法律」に生まれ変わったことをきっかけに、メニエール病の患者に対する国からの助成はなくなったのです。

メニエール病で受けられる補助

指定難病として認定されていないメニエール病では、医療費の助成は受けられないのでしょうか?実は、国からの助成金は出ませんが、その代わり、自治体から助成金や補助を受けられる場合があります。

ほとんどの自治体では「難病患者福祉手当」などの名称で、難病にかかった方に対して補助金を支給しているためです。

難病患者福祉手当について

自治体が独自で行っている医療費助成制度で、指定されている疾患を発症している場合、ひと月あたりの定額として手当を受け取ることができる制度です。

指定されている疾患は、主に厚生労働省が指定している指定難病となっていますが、指定難病以外の疾患を認定している自治体もあります。どんな疾患が登録されているかは自治体によって異なっています。

自治体が行う助成制度について

メニエール病が助成対象となっている自治体を全て調べることはできませんが、香川県では「指定難病医療費助成制度」に香川県指定難病として、メニエール病が難病認定されています。

この香川県の例を見てみると、指定した難病の治療にかかった1か月の医療費から、自己負担上限額を超過した分が支給されるシステムです。

自己負担上限額は所得や支払った医療費の総額によって変わりますが、一部をご紹介してみます。

香川県の難病助成制度の例

【市町村民税非課税世帯】

  • 本人年収が80万円未満…2,500円
  • 本人年収が80万円以上…5,000円

【市町村民税課税世帯】

  • 市町村民税課税額7.1万円未満…10,000円
  • 市町村税課税額7.1~25.1万円未満…20,000円
  • 市町村剤課税額25.1万円~…30,000円

香川県ではこのような仕組みになっています。自治体指定の難病はそれぞれ異なっていて、自治体によっては国の指定難病しか指定していない場合もあるので、お住いの自治体に問い合わせてみてください。

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病が発生しやすい季節がある?
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の症状を緩和する栄養療法に基づいた食事
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メイロン
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
桂枝芍薬知母湯(ケイシシャクヤクチモトウ)
柴朴湯(サイボクトウ)
通導散(ツウドウサン)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
和心会クリニック
大橋病院
戸田ファミリア耳鼻咽喉科
慶友銀座クリニック
東京脳神経センター
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲