メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » 診断基準

診断基準

他の病気と間違えられやすいメニエール病ですが、疾患の疑いがあった場合にどの診療科目に行けばよいのかを解説。病院での検査内容やメニエール病の診断基準についてもまとめています。

メニエール病の専門医とは

メニエール病の診断基準とはメニエール病かも?と思ったらまず行くのは耳鼻科。ですが、めまいそのものの原因を調べるには脳神経外科、神経内科、内科などで様々な検査をしなくてはいけません。めまいがするからといっても、全てメニエール病とはいえないからです。

メニエール病を早期に発見し治療するためには、専門医に診てもらう必要があります。めまい外来や、日本耳鼻咽喉科学会所属医師がいる耳鼻咽喉科に行ってください。近くになければ耳鼻科がある病院に行きましょう。

内科では、めまいや耳鳴りはメニエール病とは別の病気と診断される可能性があります。そのため、まずはめまい外来・耳鼻咽喉科を受診することをお勧めします。

メニエール病の診断基準

メニエール病の診断基準とはメニエール病は他の病気と間違えられやすいことが多く、発見が遅れて治療する機会を逃してしまうケースも多いのですが、どんな場合に診断されるのでしょうか。メニエール病のような症状が出ると、内耳だけでなく脳や内臓も検査します。

脳や内臓からくるめまいや耳鳴りであった場合は、メニエール病以外の病気が原因とされます。逆に、脳や内臓に問題なく内耳に問題がある場合はメニエール病が疑われます。

また、メニエール病は重度になると難聴の症状が出るので、音がちゃんと聞こえるかどうか聴力検査もします。

他に、耳鳴りやめまいと同時に吐き気が起きた場合や、動けなくなるほどの激しいめまいが定期的に起こる場合はメニエール病が疑われ、平衡感覚を調べる検査をします。

このような検査をしてメニエール病の疑いがあると診断されると、薬が処方され、様子をみながら治療していきます。メニエール病をきちんと検査してくれる病院は少ないので、受診する際は注意してください。

メニエール病の検査内容

検査内容には平衡感覚を調べる片足での直立検査、マン検査、足踏み検査、難聴かどうかを検査する聴力検査、目振検査、点滴検査があります。

平衡感覚

平衡感覚を調べる検査では目を閉じてまっすぐに立ちますが、メニエール病の場合はふらつきます。

片足での直立検査、つま先とかかとをくっつけて立つマン検査、30秒足踏みをする足踏み検査もメニエール病にかかっている場合は目を閉じて行うとふらつきます。とくに足踏み検査では、原因のある耳側にふらつきます。

聴力検査

聴力検査は普通の健康診断と同じで、高音や低音を聞いて音が聞こえた時にボタンを押すという検査です。メニエール病の症状の一つとしてあげられる目振の有無は、目の前でペンなどを動かして目で追うという検査をします。

点滴による検査

点滴による検査は、利尿作用があるグリセロールという薬剤を使用しますが、リンパ水腫がある場合、点滴の前後で聴力が変化します。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

このページの上部へ ▲