メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » 突発性難聴との違い

突発性難聴との違い

メニエール病と突発性難聴との違いを説明します。

初期段階ではメニエール病と突発性難聴の違いが分かりづらい

メニエール病と突発性難聴は、一部の症状が似ています。
突然、発作的に耳が聞こえなくなるという点です。

突発的な難聴が初めてという人が病院を訪れると、医師の側でも、その原因がメニエール病なのか、突発性難聴なのか、区別がつきません
様々な検査を経て、どちらの病気なのかを特定します。

メニエール病は、別のページでも説明している通り、発作が起こると最初にめまいが起こり、その後に難聴が起こります。
立っていられないほどのめまいと言われ、この発作は短い場合でも10分程度、長い場合だと数時間続きます。

内リンパ液が増えすぎているという点がメニエール病患者の共通点ですが、なぜそれが増えすぎるのかという点については、現在のところ、分かっていません。

薬剤での治療も試みられていますが、手術を行って治療する人も少なくありません。
患者数は、若い女性に比較的多く、中には発作を恐れて社会生活に支障をきたしている人も。

現在でも、早期に発見できれば症状を緩和できますが、慢性期に入ってしまった場合の完治は難しいとされています。
一日も早い原因の特定と治療法の確立が望まれています。

突発性難聴の症状と原因

一方、突発性難聴とは、文字通り、突然耳が聞こえなくなる病気です。片側の耳が聞こえなくなります。
症状が徐々に悪化したり、日によって聞こえ方が違ったり、ということはありません。突然聞こえなくなって、あとはそのままです。

発症した人のうち約3割が、めまいを体験します。そのため、初期段階では、メニエール病との区別が難しいとされます。
また、発症の引き金となるのは、ストレスや疲労の蓄積という点も、メニエール病とよく似ています。

早期の治療、特に発症から2週間以内の治療によって、患者の約3分の1が完治すると言われています。
また、3分の1の患者は症状が緩和され、残り3分の1は症状が改善されません。
年齢が若いほど、完治の可能性は高くなります。

突発性難聴の原因は、ウイルス感染説などが有力です。
メニエール病に比べると、原因は解明されつつあり、患者の症状に合わせて、ステロイドや血管拡張剤などで投薬治療を行います

治療が遅れると、たとえ若くても完治は難しくなるので、突然、理由も分からず耳が聞こえなくなったという場合には、すぐに病院で診察を受けましょう。

このページの上部へ ▲