メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは? » 症状の進行

症状の進行

ここでは、メニエール病の症状と、その経過についてまとめています。

3段階で進行するメニエール病

メニエール病は、その経過ごとに3期に分けることができます。
経過は人それぞれですので、以下では、よく見られる症状をまとめてみました。

初期

多くの場合、耳鳴りや耳の閉塞感、低音性の難聴が初期症状です。

メニエール病は、めまいから始まると思われていますが、それより先に耳に症状が出ている場合が多いです。
これらの耳の症状が繰り返されているうちに、めまいの症状が表れてきます。
急に激しいめまいを起こし、そこから難聴になる場合もあります。

初期の時点では、他の疾患と共通する部分も多いため、メニエール病と診断するのは難しい時期でもあります。
また、症状がはっきりしないため、患者本人も、単なるめまいと自己判断してしまいがちです。

活動期

めまいなどの発作を繰り返す活動期には、間歇期をはさむことが多いです。
間歇期とは、目立った症状が表れない時期のことです。
活動期は、毎日から毎月の感覚で症状がみられる状態が、数ヶ月に渡ってみられる場合がありますが、その時期がすぎると、急に数ヶ月に1度めまいを起こす程度になることもあります。
そのため、つい治ったと思ってしまい、結果として治療が遅れることにつながってしまうのです。

慢性期

活動期と間歇期を繰り返すうちに、聞こえの機能が低下していきます。
そして、難聴や耳鳴りがはっきりと自覚されるようになり、他の疾患との違いが明確になるため、ここで初めてメニエール病と診断される例もみられます

このまま放置しておくと、両耳の聴力を失うことにもなりかねませんので、医師の的確な診断と治療が必要です。

めまいや耳鳴りが、疲労やストレスなどから発症することは珍しくありません
ただ、長期にわたって症状が継続したり、一度にめまいと耳鳴りと難聴の症状が自覚される場合には、ただちに医師に相談しましょう。
また、できるだけ、めまい専門の医師の診断を受けることが重要です。

慢性期に入ったら完治はしない?

メニエール病は、早期に治療を始めれば、治る病気です。

ただ慢性化してしまうと、完治は難しく、聴力低下への不安も高まります。
もちろん、症状を軽減することはできますので、諦めてしまうことのないように。

食生活に気を配り、サプリなども活用しながらバランスよく栄養補給することも大切です。
また、症状を気にし過ぎること自体がストレスとなります。
きちんと診断を受けて、前向きに症状を受け止めるようにしましょう。

このページの上部へ ▲