メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは?

メニエール病とは?

初期の段階で治療を行えば完治する病気であるメニエール病を初期症状から判断することは難しく、めまいや耳鳴りがしても見過ごしてしまう方が多いのが実情。

放置していると進行してしまって完治が難しくなるので、メニエール病を早期に発見し、治療することはとても重要なのです。

メニエール病の症状・原因・診断基準

早期発見には、メニエール病に関する知識が不可欠です。

こちらでは、メニエール病の発見のために知っておくべき、主な症状原因、さらに診断基準について紹介します。

症状

メニエール病の特徴的症状は激しい回転性のめまいです。

きっかけも何も無いのに突然ぐるぐる回るめまいが起き、その発作は30分から数時間続きます。
めまいに続いて様々な症状が起きるので、症状をしっかり見極め、早めに病院にいくようにしてください。

症状について詳しく
見てみる

原因

突然のめまいが起きるメニエール病の原因については、まだ良くわかっていません
しかし、1つの原因だけははっきりしています。

そのほかに、メニエール病に関係する耳とカラダのバランス関係、メニエール病と間違われる事の多い病気などについて説明します。

原因について詳しく
見てみる

診断基準

めまいには様々な原因があり、メニエール病だけに現れる症状ではありません

メニエール病かどうか診断してもらうには、専門医に診てもらうことが重要ですが、メニエール病の病院での診断基準とは何でしょうか?
また検査の内容はどんなものなのでしょう?

診断基準について詳しく
見てみる

めまい発生時の対処法

メニエール病のめまいや発作はいつやってくるかわかりません。
仕事中や運転中などに起こると、場合によっては二次的な事故に繋がりかねません。

では、予兆なく突然やってきためまいに応急的に対処するためにはどんなことを守ればいいのでしょうか?
回復するまでに注意したい事には何があるでしょう?

心の準備ができないままに襲ってくる発作に対処するためには、前もって知識を持っておくことも大切なことです。

めまい発生時の対処法に
詳しく見てみる

耳鳴り発生時の対処法

メニエール病に特有の耳鳴りは、「ブーン」というような低い音が聞こえることです。
耳鳴りが始まると、特に低中音域といわれる低い音が聞き取りにくくなることもわかっています。

発作による耳鳴りが起こった場合に、その場でできる対処法にはどんなことがあるでしょうか?
また、耳鳴り発作を軽減するために日常生活でできるちょっとした緩和法もあります。

具体的にはどんな方法があるのかも解説していきます。

耳鳴り発生時の対処法に
詳しく見てみる

メニエール病の助成金・補助金はある?

メニエール病を発症した場合、国からの助成金や補助金を受け取ることはできるのでしょうか?こちらではメニエール病の助成金と補助金についてご紹介しています。

メニエール病の助成金・補助金はある?
詳しく見てみる

メニエール病と年齢の関係

メニエール病を発症するリスクが高い年齢は、30~40代に多いと言われています。30~40代に多く発症する原因と対処法を見て、予防や改善対策をすることが大切です。

メニエール病と年齢の関係について
詳しく見てみる

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲