メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病とは?

メニエール病とは?

初期の段階で治療を行えば完治する病気であるメニエール病を初期症状から判断することは難しく、めまいや耳鳴りがしても見過ごしてしまう方が多いのが実情。

放置していると進行してしまって完治が難しくなるので、メニエール病を早期に発見し、治療することはとても重要なのです。

メニエール病の症状・原因・診断基準

早期発見には、メニエール病に関する知識が不可欠です。

こちらでは、メニエール病の発見のために知っておくべき、主な症状原因、さらに診断基準について紹介します。

症状

メニエール病の特徴的症状は激しい回転性のめまいです。

きっかけも何も無いのに突然ぐるぐる回るめまいが起き、その発作は30分から数時間続きます。
めまいに続いて様々な症状が起きるので、症状をしっかり見極め、早めに病院にいくようにしてください。

症状について詳しく
見てみる

原因

突然のめまいが起きるメニエール病の原因については、まだ良くわかっていません
しかし、1つの原因だけははっきりしています。

そのほかに、メニエール病に関係する耳とカラダのバランス関係、メニエール病と間違われる事の多い病気などについて説明します。

原因について詳しく
見てみる

予防

メニエール病には有効とされている予防法がいくつかあります。ストレス病と表現されることもあるメニエール病の予防では、精神的ストレスや肉体的ストレスをためないことが大切。しかし、ストレス解消がなぜ有効な予防につながるのでしょうか?その理由を押さえながら、具体的な予防方法を解説していきます。また、メニエール病は日常生活や嗜好品とも関係性があるため、日常生活にも気を配ることが有効です。

予防について詳しく
見てみる

めまい発生時の対処法

メニエール病のめまいや発作はいつやってくるかわかりません。
仕事中や運転中などに起こると、場合によっては二次的な事故に繋がりかねません。

では、予兆なく突然やってきためまいに応急的に対処するためにはどんなことを守ればいいのでしょうか?
回復するまでに注意したい事には何があるでしょう?

心の準備ができないままに襲ってくる発作に対処するためには、前もって知識を持っておくことも大切なことです。

めまい発生時の対処法に
詳しく見てみる

耳鳴り発生時の対処法

メニエール病に特有の耳鳴りは、「ブーン」というような低い音が聞こえることです。
耳鳴りが始まると、特に低中音域といわれる低い音が聞き取りにくくなることもわかっています。

発作による耳鳴りが起こった場合に、その場でできる対処法にはどんなことがあるでしょうか?
また、耳鳴り発作を軽減するために日常生活でできるちょっとした緩和法もあります。

具体的にはどんな方法があるのかも解説していきます。

耳鳴り発生時の対処法に
詳しく見てみる

生理前のめまい

メニエール病と関連している機能の1つに、女性ホルモンの働きがあります。女性の場合、ホルモンバランスの変動によって生理が起きるのですが、特に生理前はホルモンバランスが崩れることでめまい症状が起こりやすい状態。では、そのようにして起きるめまいは、どのようにすれば防げるのでしょうか?めまい予防のために日常生活で気を付けたいポイントや、改善のために摂取しておきたい栄養素などをチェックしておきましょう。

生理前のめまいについて
詳しく見てみる

診断基準

めまいには様々な原因があり、メニエール病だけに現れる症状ではありません

メニエール病かどうか診断してもらうには、専門医に診てもらうことが重要ですが、メニエール病の病院での診断基準とは何でしょうか?
また検査の内容はどんなものなのでしょう?

診断基準について詳しく
見てみる

症状の進行

メニエール病は進行具合で、初期・活動期・慢性期の3期に分けられます。めまいのイメージが強いメニエール病ですが、初期に多く起こるのは耳鳴りや耳の閉塞感など耳に出る症状です。活動期や慢性期にはそれぞれ違った症状が起こるようになります。慢性期まで進行すると、最悪の場合聴力を失う恐れがあるので自己判断は禁物。その一方で、初期段階であれば完治も期待できます。悪化の予防や完治を目指すためにも、症状の進行を把握しておきましょう。

症状の進行について詳しく
見てみる

仕事は続けられるか

メニエール病になるとつらいめまいや耳鳴りに悩まされてしまいます。そのような症状が起きていると、仕事を続けられるのか、退職を余儀なくされるのか不安になる方もいるはず。就いている職業にもよりますが、多かれ少なかれ影響は出てくるでしょう。では、仕事を続けていくうえではどのような対応がベストなのでしょうか?メニエール病になったからといって、すぐに退職する必要はありません。働いていくうえでは、病気との付き合い方を考えることが大切です。

仕事は続けられるかについて
詳しく見てみる

ヘルペスウィルス説について

メニエール病の明確な原因は不明なものの、多くの場合は、ヘルペスウィルスなどのウイルスが内リンパに影響を及ぼしてしまうことによるものだという説が挙がっています。こちらでは、その根拠とヘルペスウィルス説の概要をご紹介。しかし、ヘルペスウィルス説は、その説を支持する学者による意図的な取捨選択による説で根本的な原因は未解明になっているのが現状。メニエール病は発作が起きない限り支障をきたさない病気なので、原因をはっきりさせることより、発作が起きないよう対策をすることが重要です。

仕事は続けられるかについて
詳しく見てみる

パニック障害との違い

メニエール病とパニック障害は発作が突然起きるという共通点はあるものの、原因や症状は異なるものです。そのため、きちんと観察すると、両者が全く違うものだということがわかります。メニエール病とパニック障害、それぞれの症状と原因に触れながら、両者の違いをご紹介。メニエール病の場合は耳鼻咽喉科、パニック障害の場合は精神科で診療を受ける必要があります。

パニック障害との違いについて
詳しく見てみる

突発性難聴との違い

メニエール病と突発性難聴とでは、突然発作的に耳が聞こえなくなるという症状が似ています。突発的な難聴が初めてという場合、最初は医師側もそれがメニエール病によるものか、突発性難聴によるものかを区別するのは困難です。そんな両者の違いを、突発性難聴の症状や原因などにスポットをあてて解説していきます。メニエール病も突発性難聴も、治療が遅くなるほど完治が難しくなってしまうもの。完治の鍵は早期発見にあります。

突発性難聴との違いについて
詳しく見てみる

メニエール病にかかった芸能人

芸能界には、メニエール病にかかった経験のある方もいます。歌手でタレントでもある今井翼や久保田利伸をはじめ、漫才師やプロ野球監督などの数々の有名人がメニエール病を経験。しかし、治療の末もといた表舞台へと復帰しています。そんな有名人の発症からその後までを紹介。こちらで紹介している方の他にも、メニエール病を乗り越え第一線に復帰した方は少なくありません。メニエール病に打ち勝つには、もといた場所に帰ろうという強い意志も大切です。

メニエール病にかかった芸能人について
詳しく見てみる

メニエール病Q&A

メニエール病と向き合おうとするうえで、色々と疑問が出てくることもあるのではないでしょうか?例えば発作は突然起きるため、車の運転をしても大丈夫かと悩んでしまう方は多くいます。こちらでは、日常生活や車の運転、仕事などメニエール病に関する疑問に対して、Q&A方式で解説。メニエール病と睡眠時間との関係やおすすめの食事など、メニエール病と上手に付き合っていくために目を通しておきたい疑問をピックアップしていますので、ぜひ確認しましょう。

メニエール病Q&Aを
詳しく見てみる

メニエール病とメニエール症候群の違い

メニエール病とメニエール症候群は呼び方が似ているだけあり、どっちがどっちなのかわからなくなる方もいるでしょう。端的に言うと、2つには病と症候群という違いがあります。そもそも「病」とは、症状の原因が明らかになっているものにつけられる病名のことです。病と症候群の定義に触れながら、メニエール病とメニエール症候群との違いを学んでいきましょう。両者の違いだけでなく、メニエール症候群の恐ろしい点や、めまいを引き起こす原因であるストレスの解消法にも触れていきます。

メニエール病とメニエール症候群の違いについて
詳しく見てみる

メニエール症がかかりやすい人

メニエール病の診療を行なう耳鼻科領域では、メニエール病にかかりやすい人には特定の特徴があることが知られています。その特徴がない方が、メニエール病になるのは珍しいほど。では、いったいどのような特徴を持っている方が、メニエール病にかかりやすいのでしょうか?また、メニエール病を治していくためには、耳鼻科領域以外からのアプローチも必要とされます。メニエール病を改善させるためにも、必要な治療を把握し、生活環境や生活習慣を見直していきましょう。

メニエール症がかかりやすい人について
詳しく見てみる

メニエール病の助成金・補助金はある?

メニエール病を発症した場合、国からの助成金や補助金を受け取ることはできるのでしょうか?こちらではメニエール病の助成金と補助金についてご紹介しています。

メニエール病の助成金・補助金はある?
詳しく見てみる

メニエール病と年齢の関係

メニエール病を発症するリスクが高い年齢は、30~40代に多いと言われています。30~40代に多く発症する原因と対処法を見て、予防や改善対策をすることが大切です。

メニエール病と年齢の関係について
詳しく見てみる

メニエールと似た病気

メニエール病と症状が似ているために、間違われやすい病気はいくつかあります。遅発性内リンパ水腫や前庭神経炎、聴神経腫瘍などがその代表。しかし、一部の症状が似ているとは言っても、違う病気のためメニエール病とは異なる点があります。では、それらの病気とメニエール病とでは、どのような点が違っているのでしょうか?こちらでは病気ごとに似ている点と異なる点をご紹介しています。

メニエールと似た病気について
詳しく見てみる

メニエール病は難病認定されているのか

メニエール病は指定難病には認定されていません。難病認定とは厚生労働省が難病を指定する制度です。制度にしたがって、原因が不明であること、治療方法が明らかになっていないことなど4つの条件を満たす疾患のみを難病と認定しています。また、厚生労働省は難病指定の条件に加えて2つの条件を満たした疾患を、特に適切な医療が必要だとして「指定難病」に認定。指定難病を認定する法律の成立によって、メニエール病に対する国からの援助はなくなりましたが、受けられる補助は他にもあります。

メニエール病は難病認定されているのか
詳しく見てみる

メニエール病の完治

メニエール病と一口に言っても症状には人によって差があり、症状がなくなりその後再発もないというケースもあれば、再発を繰り返すケースもあります。症状が治まっても再発の恐れがある疾患のため完治とは言わず、病状が治まることを意味する「寛解(かんかい)」と表現するのが一般的。ただ、人によっては再発しない場合もあるため、完治と同様の扱いをすることもあります。完治の目安とされる条件や初期症状、病院での治療方法などに焦点をあてながら情報をまとめました。

メニエール病の完治について
詳しく見てみる

めまいと貧血の関連性

めまいを引き起こす原因は様々。特に女性の場合、メニエール病だけでなく貧血や自律神経の乱れによってもめまいが引き起こされることが多くあります。では、めまいを引き起こす原因はどのようにして把握すればいいのでしょうか?こちらでは、めまいの原因やその原因によってもたらされる症状、貧血の原因、種類をご紹介しています。めまいを改善する近道は、あらゆる症状を考慮しながら原因を突き止め、それに合った適切な治療を行なうことです。

めまいと貧血の関連性について
詳しく見てみる

めまいの種類

めまいはその症状によって、回転性のめまいや浮動性(動揺性)のめまい、眼前暗黒感のめまいと大きく3つに分類できます。回転性のめまいは動いていない時に、周りのものがぐるぐる回っているように感じるのが特徴です。浮動性のめまいの場合は身体がふわふわと浮くような感覚があり、眼前暗黒感のめまいの場合は目の前が真っ暗で意識が遠くなりそうになる症状が出ます。めまいの中にはメニエール病の発症が疑われるものもあるため、早期発見のためにも一読しておきましょう。

めまいの種類について
詳しく見てみる

メニエール病は遺伝?

メニエール病は遺伝で発症するものなのでしょうか?現状では家族からの遺伝要因の可能性があるものの、それを確実にする関連遺伝子は見つかっていません。特定の治療法がまだ確立されていないメニエール病ですが、遺伝子研究による治療方法は続けられていて、大阪大学大学院などの研究によって様々な可能性が明らかになっています。いくつかの具体例を取り上げ、研究を通じて期待できることや発見されたことをご紹介しているのでチェックしてみてください。

メニエール病は遺伝?について
詳しく見てみる

メニエール病になりやすい季節

メニエール病の発作と季節には関連性があります。それを検討するために行なわれたのが、浜の町病院平衡神経科を訪れた特定のメニエール病患者を対象とした調査。調査によって得られた記録などにより、気象の変化が影響を及ぼしていて、ある気象条件になると発作が引き起こされてしまうことが明らかになりました。どんな気象条件で、どの季節になると発作が起きやすくなるのでしょうか?年度や月、休日ごとに分けて発作の起きる数について触れながら、起きやすい気象条件と季節をご紹介します。

メニエール病になりやすい季節について
詳しく見てみる

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール病を発症しやすい人はどんな人?
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病が発生しやすい季節がある?
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の症状を緩和する栄養療法に基づいた食事
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メイロン
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
桂枝芍薬知母湯(ケイシシャクヤクチモトウ)
柴朴湯(サイボクトウ)
通導散(ツウドウサン)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
和心会クリニック
大橋病院
日本橋大河原クリニック
戸田ファミリア耳鼻咽喉科
札幌禎心会病院
慶友銀座クリニック
しのろ耳鼻咽喉科クリニック
東京脳神経センター
やべ耳鼻咽喉科 表参道
小林耳鼻咽喉科内科クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲