メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » サプリメントで予防

サプリメントで予防

サプリメントの予防とは

「メニエール病かもしれない?」という疑いを持ったら、すぐに病院に行くのではなく、サプリメントで症状の重症化を予防するという方法を考えてみてはいかがでしょうか?薬物療法は体への負担や副作用などが気になるところ。まだ「かもしれない」という状態においてはサプリメントの方が健康を害することなく自然に回復する可能性があります。

サプリメントでメニエール病予防なんてできるの?と思われるかもしれませんが、メニエール病予防に効果的とされている成分はたくさんあるのです。重症化させないためにも、サプリメントで早めの予防を心がけてみてはいかがでしょうか?

メニエール病予防に効果がある成分とは

メニエール病予防に効果があるとされている成分は数多く存在します。ここでは特に有効と言われている成分についてご紹介していきます。

蜂の子

蜂の子はホルモンのバランスを整え、メニエール病にも効果を発揮すると言われている自然食材です。岐阜大学医学部附属病院の青木光広臨床准教授らの研究によると、蜂の子による耳鳴り改善効果と聴力の回復効果を調べた結果、蜂の子を摂取する前と後では、耳鳴りによる抑うつ症状や聴力の回復が見られたという発表がなされました。

この研究結果からも蜂の子による、耳鳴りなどの改善効果は確かにあると言えます。蜂の子を含んだメニエール病予防に効果があるとされるサプリメントも数多く開発されているので、耳鳴り症状に悩んでいる方は一度試してみるのもいいのではないでしょうか?

イチョウ葉エキス

強い抗酸化作用があり、血小板凝集抑制作用や循環改善作用などにも注目が集まっているイチョウ葉エキスですが、鼻咽喉科の専門ジャーナルにめまい改善作用についての結果報告がなされるほど、めまいに効果的な成分ということがわかっています。メニエール病に伴うめまいや難聴にはベタヒスチンという医薬品が使用されることが多いのですが、臨床結果によると、医薬品であるベタヒスチンより、自然成分であるイチョウ葉エキスの方が、有効性を実感した人が多いという報告がなされています。

つまり、副作用を引き起こす可能性が考えられる医薬品より、副作用の心配のないイチョウ葉エキスの方が効果満足度が高かったというわけです。めまいの症状や認知症、血液循環などをサプリメントで予防、改善したい人はイチョウ葉エキスがおすすめですよ。

ナギイカダエキス

ナギイカダエキスはスズラン亜科の常緑小低木で、根から抽出されるエキスです。ナギイカダエキスは血行不良を改善する有効成分として広く使用されているものですが、最近ではナギイカダエキスに含有されているルスコゲニンという成分がメニエール病の症状であるめまいや耳鳴りに効力を発揮することがわかり、耳の機能を改善予防する効果を期待することができるサプリメントなどに使用されるようになりました。

ルスコゲニンには血行不良を改善し血液をサラサラにする効果や抗酸化作用などもあるため、体が錆びついている気がする…という人にもおすすめの成分です。

サプリメントがオススメの理由

このようにメニエール病の症状に有効とされる成分は多数あります。薬物療法などに頼らず、できるだけ自然治癒に近い形でメニエール病を改善したいという人にはサプリメントを使用した方法を考えてみるのもいいかもしれません。サプリメントは薬物ではないので体への負担が少ないところがポイントです。

薬の副作用が心配な人や他にも疾患を患っている人はサプリメントで予防、改善する方法もあるということを考えてみてはいかがでしょうか?

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病が発生しやすい季節がある?
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の症状を緩和する栄養療法に基づいた食事
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メイロン
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
桂枝芍薬知母湯(ケイシシャクヤクチモトウ)
柴朴湯(サイボクトウ)
通導散(ツウドウサン)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
和心会クリニック
大橋病院
戸田ファミリア耳鼻咽喉科
慶友銀座クリニック
東京脳神経センター
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲