メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » 栄養療法

栄養療法

メニエール病の発作対策のためには、食事にも気を配ることが重要。発作を予防するために良いとされるビタミンアミノ酸、食物繊維などの栄養素について紹介します。

栄養療法によるメニエール病の対策と治療方法

栄養療法によるメニエール病の対策と治療方法

食事によって得られた栄養素は耳や脳に届けられ、血管も生き生きした状態に保ちます。メニエール病には次のような栄養成分や栄養の摂り方が効果的です。

食物繊維

野菜、豆、いも、穀類、海藻などに含まれる食物繊維は血糖値、中性脂肪値、コレステロール値などを下げる効果があります。血流がよくなることで耳に酸素や栄養が行き渡って働きがよくなるので、メニエール病の症状が緩和されるといわれています。

ビタミン

ビタミンは末梢神経の働きに欠かせないため、難聴、めまい、耳鳴り緩和に使用されることもあります。

難聴、めまい、耳鳴りに効果のあるビタミンが多く含まれているのは、カキ、レバー、アサリ、サンマなどですが、インスタント食品ばかり食べたり、極端なダイエットなどをすると不足するので注意が必要です。

酵素

めまいはホルモンバランスの崩れや血行不良が原因といわれます。

タンパク質からできている酵素は、ホルモンバランスを整えて自律神経の調子を整える効果血行を促進する働きを持つアミノ酸を豊富に含んでいます。

このような良質のアミノ酸をまとめて摂ることができるだけでなく、体のエネルギー源となる栄養素の消化吸収も助けてくれるので、体そのものに活力を与え自己回復力を高めてくれるといわれています。

酵素を詳しく見てみる

食事は肉よりも魚中心にしましょう。魚の脂肪には血管を詰まらせてしまう血栓ができるのを防ぎ、動脈硬化の進行を抑える効果がありますので、3食のうち1食は魚中心の食事を取るようにしましょう。

食事のバランスと量

いくら身体に良くても食べ過ぎは逆効果です。食べ過ぎによる肥満は動脈硬化の元になります。

また、逆に食べなさすぎでも栄養が不足して症状を悪化させる可能性があります。量は控えめにして種類を多く食べるようにしましょう。

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲