メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » 栄養療法

栄養療法

メニエール病の発作対策のためには、食事にも気を配ることが重要。発作を予防するために良いとされるビタミンアミノ酸、食物繊維などの栄養素について紹介します。

栄養療法によるメニエール病の対策と治療方法

栄養療法によるメニエール病の対策と治療方法

食事によって得られた栄養素は耳や脳に届けられ、血管も生き生きした状態に保ちます。メニエール病には次のような栄養成分や栄養の摂り方が効果的です。

食物繊維

野菜、豆、いも、穀類、海藻などに含まれる食物繊維は血糖値、中性脂肪値、コレステロール値などを下げる効果があります。血流がよくなることで耳に酸素や栄養が行き渡って働きがよくなるので、メニエール病の症状が緩和されるといわれています。

ビタミン

ビタミンは末梢神経の働きに欠かせないため、難聴、めまい、耳鳴り緩和に使用されることもあります。

難聴、めまい、耳鳴りに効果のあるビタミンが多く含まれているのは、カキ、レバー、アサリ、サンマなどですが、インスタント食品ばかり食べたり、極端なダイエットなどをすると不足するので注意が必要です。

酵素

めまいはホルモンバランスの崩れや血行不良が原因といわれます。

タンパク質からできている酵素は、ホルモンバランスを整えて自律神経の調子を整える効果血行を促進する働きを持つアミノ酸を豊富に含んでいます。

このような良質のアミノ酸をまとめて摂ることができるだけでなく、体のエネルギー源となる栄養素の消化吸収も助けてくれるので、体そのものに活力を与え自己回復力を高めてくれるといわれています。

酵素を詳しく見てみる

食事は肉よりも魚中心にしましょう。魚の脂肪には血管を詰まらせてしまう血栓ができるのを防ぎ、動脈硬化の進行を抑える効果がありますので、3食のうち1食は魚中心の食事を取るようにしましょう。

食事のバランスと量

いくら身体に良くても食べ過ぎは逆効果です。食べ過ぎによる肥満は動脈硬化の元になります。

また、逆に食べなさすぎでも栄養が不足して症状を悪化させる可能性があります。量は控えめにして種類を多く食べるようにしましょう。

このページの上部へ ▲