メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » 薬物療法

薬物療法

メニエール病の治療の目的は、発作の症状を和らげるための対症療法と再発を予防することです。長期の通院が必要になることもありますが、途中で治療をやめてしまうとメニエール病が慢性化する危険性が高いので、頑張って治療を続けましょう。

メニエール病を病院で治療する場合

薬を使った治療が中心で、対症療法と予防が目的です。次のような治療薬が処方されます。

  • 抗めまい薬、鎮吐薬

神経の興奮を抑えて、めまいや吐き気をやわらげると同時に、内耳の循環を改善する働きがあります。
ジフェンヒドラミン(トラベルミン)など。

  • 自律神経調整薬

脳の視床下部という部分に作用し、自律神経の乱れを改善します。メニエール病は自律神経のバランスが崩れることも原因の1つと言われています。

  • 血流改善薬

血流を増加させる薬です。血液の循環を活発にさせることで、発作の原因である内リンパ水腫(内耳にできた水ぶくれ)の吸収を促し、めまいを軽減する目的で使われます。

  • ビタミン剤

神経の働きを助ける作用があります。ビタミンB12(メチコバール)などがよく処方されます。

  • 利尿剤

体内の水分の排泄を促す薬です。内リンパ水腫の改善に使われます。

  • 炭酸水素ナトリウム

内耳の血流を増加させる働きがあります。内服薬ではなく、めまいが起こっているときの対症療法として、注射や点滴で投与されます。

  • 精神安定剤、抗不安薬

めまいによる不安をやわらげます。

急性期の治療

メニエール病を病院で治療する場合

メニエール病のめまいは時間がたつと自然におさまりますが、薬を飲めないくらい吐き気がひどいことが多いです。もし飲める場合は、自律神経症状(めまい、吐き気、冷や汗、動悸、息切れ)と同時に起こる不安感を解消するために安定剤や抗ヒスタミン剤が使われます。

市販の酔い止め薬も効果がありますが、前立腺肥大や緑内障がある人は使えないので注意してください。めまいを抑える薬の服用は、発作のおさまりも早くなり左右の前庭機能の差を縮めてくれるので、積極的に使いましょう。

激しいめまいと吐き気のために救急車で医療機関に運ばれた場合、メニエール病の診断前に生理食塩水の点滴と抗ヒスタミン剤の注射が行なわれます。

慢性期の治療

内リンパ水腫を軽くする目的で、体の余分な水分を体外に出すために利尿剤(ほとんどの場合イソバイド)を使います。とても飲みづらいので水で薄めたり、ジュースで割ったりして飲む人が多いですが、牛乳で割ると固まってしまうので絶対にしないでください。

また、聴力の改善のためにビタミン剤が処方されることがあります。

いずれにしても、薬が体に合わなくて副作用が出た場合にはすぐ医師や薬剤師に相談するようにしてください。

手術が必要な場合も

薬があまり効かなくなり、難聴も進んでいくなら手術が必要になります。

しかし、メニエール病患者の90%は手術をしなくても回復すると言われており、手術が必要なケースは稀です。

メニエール病の手術には2つの方法があります

  • 内リンパ嚢開放術(内リンパ水腫の嚢に穴を開け、たまった水分を出す)
  • 前庭神経術(聴覚の神経を傷つけず平衡感覚を司っている前庭神経だけを切断する)

ですが、これはめまいに対する治療で、難聴や耳鳴りの改善はあまり望めません。

このページの上部へ ▲