メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » 漢方薬

漢方薬

西洋医学にも補助的に処方されることがある漢方薬。メニエール病に良いとされるおもな漢方を調べてみました。

東洋医学・漢方からみたメニエール病

西洋医学では、メニエール病の原因は内耳に内リンパ液が溜まる内リンパ水腫と考え、イドバイドなどの利尿薬を処方します。一方、東洋医学では人体に溜まった水分が排出されずに起きる「水毒」や、血液の流れが悪くなって古い血が体内に存在していることから起きる「悪血」が原因だと考え、個々の症状に合った漢方が処方されます。

漢方薬の効果については広く認められていて、西洋医学にも補助的に漢方薬が処方されることがあり、メニエール病診療ガイドライン2011にも記されています。

漢方薬治療

東洋医学・漢方からみたメニエール病漢方には「気・血・水」という概念があり、メニエール病を含むめまいは、体内の水分が溜まることによる「水毒」によってもたらされると考えます。また、気が逆上する「気逆」や、気が滞る「気鬱」、血が足りない「血虚」で症状が出ることもあるとされています。

また、漢方の診察は「四診」という方法がとられます。患者の状態や日常の生活など、病気とはあまり関係ないようなことを聞かれます。ですが、処方を決めるための手がかりとして重要なことなので、思い当たることは全て相談してください。

メニエール病によいとされる漢方薬

メニエール病に効果のある漢方薬には次のようなものがあります。

●苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)…水毒に効果があり、めまいなどの症状を緩和

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)水毒に効果があり、めまい、頭痛、吐き気、冷え性などに有効

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)水毒に効果があり、吐き気や頭痛に有効

五苓散(ごれいさん)利尿効果があり、吐き気、めまい、頭痛に有効

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)悪血に効果があり、血流をよくし、頭痛や肩こりに有効

このページの上部へ ▲