メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法 » 内耳破壊手術

内耳破壊手術

メニエール病のめまい改善に効果があるとされる内耳破壊手術についてまとめています。手術を検討している方は、内耳破壊手術について知っておきましょう。

メニエール病の手術・内耳破壊手術とは

内耳破壊手術は前庭保存療法やほかの治療法で改善が見られない患者に行う手術です。

超音波や冷凍装置で内耳にある迷路を破壊してめまい発作の改善をします。内耳の一部を破壊しますが、聴覚を担当する蝸牛は残っているので耳が聞こえなくなる、難聴になる可能性は低いと考えられているそうです。

メニエール病の治療法の1つである内リンパ嚢開放術と比べて、とくにめまい発作を効果的に治療できる手術と言われています。

内耳破壊手術の治療効果

内耳破壊を超音波で行った場合は手術後に、めまいや平衡失調、健側向きの眼振が見られます。めまいは1週間ほどで消失するとされ、眼振も少なくなって歩行ができるようになります。

平衡機能が徐々に回復してくると不安定さを感じなくなりますが、夜間に不安定さを感じるケースもあるそうです。耳鼻咽喉科医である時田喬医師が21の症例を調べたところ、めまいの消失が85%、聴力の改善が15%、耳鳴の改善が60%ほどでした。[注1]

冷凍手術では、麻酔から覚めると多くの患者がめまいと活発な眼振を訴えるそうです。このめまいは翌日になると落ち着いて眼振もほとんど抑えられます。迷路の反応性がわずかに残り、術後から3ヶ月ほど軽いめまい発作を起こすケースがありますが、5ヶ月経過した段階でめまい発作は喪失しているそうです。

以上の結果から、内耳破壊手術は聴力を保ちながら、めまい発作を抑制できる手術方法だと考えられます。

手術の方法

耳の後部の骨を削る乳様洞削開の後、平衡感覚を司る三半規管の1つ水平半規管を削ってブルーラインを露出して超音波を照射。水平半規管の後ろを削って前庭に照射する手術方法もあるそうです。[注2]

20Wで5分間の照射を6~10回ほど繰り返して、刺激性眼振が麻痺性眼振になるまで照射。眼振で照射の効果を確認するため手術は局所麻酔で行っているそうです。

冷凍手術では、水平半規管と垂直半規管を削ってブルーラインを露出します。-160℃で3分間、2~3回の照射を実施。冷凍手術は全身麻酔で行います。

内耳破壊手術の問題点

内耳破壊手術は超音波か冷凍装置かによって内耳の迷路を破壊してめまい発作を抑える手術ですが、超音波の照射が過度な場合、聴力が低下してしまうケースがあります。

反対に照射が不十分だった時は、迷路の反応性が残りめまいが再発する可能性も。また、治療のためといいながらも内耳の迷路を破壊しているため、平衡障害が発生してしまうことに気を付けておく必要があります。

手術によって顔面神経麻痺になるケースがあることも問題点の1つです。これは医師が注意して手術をすることで避けることができますし、麻痺状態になったとしても短期間で回復可能です。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献・脚注

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病の治療方法
手術
栄養療法
サプリメントで予防
内耳破壊手術
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲