メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療方法

メニエール病の治療方法

メニエール病治療の目的は、発作の症状を和らげるための対症療法と再発を予防することですが、治療法には病院での薬物療法栄養療法漢方薬治療があります。

症状や目的によって異なるメニエール病の治療方法

メニエール病の治療は急性期と慢性期の発症、そして予防対策など、目的によって当然異なります。
こちらでは、現在メニエール病でお悩みの方のために、代表的な3タイプの治療法を紹介します。

薬物療法

メニエール病の治療の目的は、発作の症状を和らげるための対症療法と再発を予防すること。
治療が長期になることもありますが、途中でやめてしまうと慢性化する危険性が高いので、途中でやめることなく治療を続けましょう。

病院での薬物療法には、急性期の治療と慢性期の治療があります。

薬物療法について
詳しくみる

手術

メニエール病が悪化してめまいの症状が強いケースでは、薬物療法ではあまり症状の改善がみられないことがあります。
その場合には、手術によってより直接的な治療を行うことがあります。

メニエール病の手術としては一般的にできるだけ聴力を残して症状改善を目的とした手術と、聴力を失くしてでも原因を取り除く手術があります。
それ以外にもいくつかの手術法があり、患者さんの希望や状態に合わせて選択します。

手術について
詳しく見る

栄養療法

メニエール病の発作を予防するために効果的な栄養素はビタミンやアミノ酸、食物繊維などの栄養素ですが、摂り方にも注意する必要があります。
栄養が十分摂れない場合には、サプリメントを利用するのも1つの手です。

特に最近注目を浴びているのが酵素です。酵素の持つ血行促進作用やホルモンバランスの調節作用によって、生理前などにみられるめまいを改善する効果があるといわれています。

ただし、一般的にこのような栄養素は毎日の食生活だけで十分な量を摂ることは難しいので、サプリメントなどを使って補充することが必要です。

薬のようにすぐに劇的な効果はみられませんが、毎日続けることで少しずつ不快な症状を改善することが期待できます。

栄養療法について
詳しくみる

漢方薬

メニエール病の治療は急性期に起きるめまいに対する治療と、慢性期の発作を予防する治療に分かれますが、薬物治療の1つとして漢方薬も用いられます。
原因は西洋医学では内耳に内リンパ液が溜まると考えられていますが、東洋医学では水毒や悪血が原因だと考えられています。

漢方薬の効果については広く認められていて、西洋医学にも補助的に処方されることがあります。

漢方薬について詳しくみる

サプリメントで予防

最近ではメニエール病も研究が進み、医薬品以外での有効とされる成分の臨床結果なども多く発表されています。中には臨床実験を行なった結果、医薬品よりも有効性が高いと証明された自然由来の成分もあるほどです。なるべく自然な形で症状を緩和したい、予防したいと考えるならサプリメントでの症状改善を試みるのもいいのではないでしょうか?

サプリメントで予防について
詳しくみる

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病の治療方法
めまい外来がある病院
手術
栄養療法
漢方薬
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲