メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病によいとされる栄養成分カタログ » 鉄分

鉄分

ミネラル成分の一種である鉄は、めまいや立ちくらみに効果があるとされています。鉄の持つ役割と、どのような食材に含まれているのかもチェックしていきましょう

めまいに鉄分が有効な理由

めまいの主な原因は、脳に酸素が足りていないことで引き起こされます。そのために、脳に酸素を運ぶ赤血球を作り出す必要があり、その赤血球を作る主な成分が鉄分なのです。

鉄分を摂取することで、より上質な赤血球を生成。酸素を含んだ赤血球は、血管を通って脳をはじめとする全身に行き届き、めまいの改善を促します。

一般的に鉄分が不足しているときに起こるめまいは、“貧血”として認識されていますが、鉄分不足によって引き起こされる赤血球不足による症状なのです。

鉄ってどんな成分?

鉄はミネラル成分の一種で体内に3~4gほど存在しています。血液に含まれる赤血球を生成する以外にも、消化や新陳代謝の促進にも関わる酵素を作り出しています。

体内にある鉄の6~7割は、血液中のヘモグロビンに存在しますが、残りの3割程度は筋肉・肝臓、骨髄といった部位に蓄えられていきます。食生活の乱れやホルモンバランスの崩れによって体内の鉄が不足すると、筋肉に蓄えられている鉄を消費してヘモグロビンの生成を行なうのです。

初期の段階では症状も軽く、気にならない方もいるようですが、さらに鉄が不足して体内に蓄えている鉄が無くなってしまうと、めまいや立ちくらみの症状が強く現れてきます。

そのため、鉄分は日常生活を送るうえで、欠かすことのできない成分だと言えるでしょう。

鉄分が不足すると?

鉄分が不足すると日常生活の中で「めまい」「立ちくらみ」を感じる「鉄欠乏性貧血」に陥ってしまいます。

鉄欠乏性貧血になると、全身に酸素を届けているヘモグロビンが少なくなり、全身が酸欠状態になってしまうのです。体は機能回復のために酸素を必要としますが、上手く酸素を取り込めない体は、疲れが回復できない状態が続いてしまいます。

女性は生理の影響で、摂取するよりも失われる鉄の方が多いと言われているので特に注意が必要。自分では意識しているつもりでも、気づかずに鉄分不足の状態になっていることもあるのです。

ヘム鉄と非ヘム鉄

ミネラルの成分である鉄は、さらにヘム鉄と非ヘム鉄の2つに分類できます。

ヘム鉄は、肉類のレバーやマグロの赤身などに多く、非ヘム鉄は卵や乳製品の他にも、大豆やひじきといった豆・海藻類にも多く含まれているのです。

非ヘム鉄は肉類に含まれるヘム鉄と比べて、吸収率が低いですが、ビタミンCと一緒に取ることで、吸収率を高めることができます。ビタミンCは果物に多く含まれているので、積極的に果物を取り入れていくと良いでしょう。

食事から鉄分を摂取するのはよい方法ですが、食材に含まれている鉄分だけで貧血を改善するには、相応の時間が必要です。貧血状態が続いていると感じた場合は、鉄剤やサプリメントを利用するのもいいですね。鉄分を過剰に摂取すると便秘や下痢を起こしかねないので、適量を守って使用してみてください。

鉄分が含まれる食品をリサーチ

鉄分が含まれている食品を調査し、それぞれがヘム鉄なのか、非ヘム鉄なのか分類しました。

ヘム鉄を含む食材(動物性食品)

豚レバー、牛レバー、鶏レバー、豚モモ肉、牛赤身肉、卵、かつお、いわし、さけ、まぐろ、あじ、赤貝、あさり、しじみ、かき、あなご、あゆ、煮干し、かつおぶしなど。

非ヘム鉄を含む食材(植物性食品)

パセリ、小松菜、ブロッコリー、ほうれん草、菜の花、キャベツ、納豆、枝豆、アマランス、ひじき、わかめ、海苔の佃煮、切り干し大根、きくらげ、いちご、バナナ、メロン、みかん、柿、魚介類や野菜など。

牛・豚・鶏のレバー

鉄分を摂取する食材と言えば、真っ先に思いつくのがレバー(腎臓)。やはり鉄分の含有量も多く、吸収率の高さも魅力的な食材です。鉄以外にもビタミンAが豊富で、鼻やのどの潤いを保持してくれる働きを持っています。鉄分の効果と作用させることで、丈夫な風邪知らずの体作りができますよ。

牛・豚・鶏、それぞれで成分も特徴があるので紹介していきましょう。

  • 鶏レバー…カロリーが低く、葉酸・ビタミンB1・ビオチンを豊富に含んでいる
  • 豚レバー…3種類のレバーの中では1番タンパク質が含まれている。運動後の疲労回復に効果的
  • 牛レバー…他のレバーと比べて味に癖が少なく、食べやすいのが特徴。もちろん貧血改善に期待が持てる食材。

牛肉の赤身

牛肉の赤身は、鶏肉・豚肉と比べて2倍以上の鉄分を含んでおり、部位で示すとモモ肉や肩ロース・ランプ(腰からお尻にかけての部位)が赤身に該当します。

脂肪が少なく肉質が均等になっているので、ローストビーフやシチューなど煮込み料理で使われることが多く、たくさんの量を使うことができるでしょう。

タンパク質も豊富で、体内で合成できないアミノ酸がバランスよく含まれているのも特徴です。炭水化物よりも満足感が高いので、健康的なダイエットにはもってこいの食材と言えるのです。

ほうれん草

野菜から鉄分を摂取するときの代表格とも言えるほうれん草は、牛レバーにも匹敵するほどの鉄分を含んでいます。植物性の非ヘム鉄なので、単体で食べるよりも消化酵素を含む、他の食材と組み合わせた方が吸収率を高められることを押さえておきましょう。

β-カロテンの含有量も豊富で、摂取することで活性酵素の働きを抑制し、がんを予防する効能にも期待が高まります。100gのほうれん草で1日に必要な量の40%を摂取することができるのです。

納豆

あまり鉄分のイメージがない納豆は、100g当たり1.5mgと、牛レバーの4割程度しかありません。しかし、毎日の食卓に簡単に取り入れられる、その手軽さを踏まえるとおすすめの食品。さらに、タンパク質・ビタミン・ミネラルといった5大栄養素がすべて含まれているので、とても優秀な食品と言えるのです。

第6の栄養素とも言われている食物繊維も豊富に含まれており、トータルバランスの取れた食生活の助けになってくれるでしょう。

この記事をつくるのに参考にしたサイト・文献

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲