メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の種類をリサーチ » 蝸牛型メニエール病

蝸牛型メニエール病

発症年齢は30歳代後半から40歳代前半がピークと言われるメニエール病ですが、高齢になってもこの病気で悩んでいる方は多いのが現状。難聴や耳鳴りが主な症状である蝸牛型メニエール病の症状、原因、治療方法をについて説明しています。

蝸牛型メニエール病の症状

蝸牛型メニエール病の特徴的な症状は、キーンとした音が聞こえる耳鳴りと、人の話し声の周波数よりも低い周波数がはっきりと聞き取りにくくなる低音難聴です。さらに耳が詰まったような感じがしたり、音が歪んで聞こえることもあり、状態がよくなっても再発を繰り返すことが多いようです。

蝸牛の不調が原因で低音域がよく聞こえなくなる低音障害型感音難聴と症状が似ているので、しばしば間違えられることもあります。

蝸牛型メニエール病の場合、メニエール病特有の激しい回転性のめまいを起こすことはほとんどないので比較的軽症といえます。ただし、そのまま放置していると症状が悪化し、耳鳴りや難聴が進んで高度難聴になる場合もあるので、放置せずに耳鼻科の診察をうけてください。

原因

内耳の中にある「蝸牛(かぎゅう)」という感覚器官は、とても複雑な仕組みを持っていますが、この「蝸牛」にリンパ液が溜まって水腫ができてしまうことによって音の信号が歪み、低音の音波がこもった音になり、逆に高音は突き抜けた不快な音に感じるようになります。

蝸牛型メニエール病はメニエール病の前段階と呼ばれますが、治療をせずに放っておくと発作が慢性化して症状も重くなっていきます。

吐き気やめまいを伴う一般型メニエール病まで進行してしまうと、長い時間をかけて治していくしかありませんし、完治も難しくなります。軽いうちほど早く良くなるので、蝸牛型のうちにできるだけ早く医師の診察を受けましょう。

治療方法

治療には一般的メニエール病と同様に、まず外界の刺激をシャットアウトして安静にし、耳鼻科から処方された内服薬を服用します。

オーソドックスな治療薬としては「イソバイド」がありますが、その他に内耳の血液循環改善薬が処方されます。ストレスが原因である場合には、精神安定剤が処方されることがあります。

このページの上部へ ▲