メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の種類をリサーチ » 両側性メニエール病

両側性メニエール病

症状や原因を含め、両側性メニエール病の特徴を紹介いたします。

両側性メニエール病の症状

通常のメニエール病は、一側だけに症状が現れます(一側性メニエール病)。

しかし、全体の30%程度において、両側に症状が現れます。両側にメニエール病の症状が現れている場合、両側性メニエール病を疑います。

メニエール病の主な症状は、めまい・難聴・耳鳴りの3つです。これらが関連しつつ、不規則に反復することがメニエール病の特徴です。

具体的な症状は、回転性のめまいに加え、耳の閉塞感や音が響く、音が割れるなどの聴覚症状です。これらが両側に現れるメニエール病を両側性メニエール病というのです。

両側性メニエール病は、難聴の程度が高く、進行が早いといわれています。気になる症状がある方は早期に検査と治療を受けたほうがよいでしょう。

原因

両側性メニエール病と一側性メニエール病の原因に、大きな違いはないと考えられています。

そのため、両側性メニエール病の診断に特別な基準はありません。一側性メニエール病と同じ基準を用い診断を行います。

しかし、両側性メニエール病になりやすい人には特徴があるので、この点は理解しておくと良いかもしれません。

両側性メニエール病になりやすい人

両側性メニエール病は、メニエール病の罹患期間が長いほどなりやすいといわれています。

一側で始まったメニエール病でも、長期間にわたり発作を繰り返すと、反対の耳の聴力が衰えるなど、両側になることがあります。神経症的な傾向が強いといわれることもありますが、いずれにせよ両側に症状が現れるので辛い症状に悩まされることになります。

また、高齢発症者は両側性メニエール病になる可能性が高いといわれています。両側性メニエール病は、難聴の進行が早く、日常生活に支障きたす可能性が高くなるため、これらの条件に当てはまる方は注意をしたほうが良いかもしれません。

このページの上部へ ▲