メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の種類をリサーチ

メニエール病の種類をリサーチ

突然めまいの発作が起きるメニエール病ですが、症状や原因によって、いくつかの種類があります。

症状によって異なる3種類のメニエール病

適切な治療を受けるために知っておくべき3種類のメニエール病の特徴をまとめています。それぞれの症状や原因、治療方法を確認してみましょう。

蝸牛型メニエール病

蝸牛型メニエール病の特徴的な症状は、キーンとした音が聞こえる耳鳴りと、人の話し声の周波数よりも低い周波数が聞き取りにくくなる低音難聴ですが、耳が詰まったような感じがしたり、音が歪んで聞こえることもあり、状態がよくなっても再発を繰り返すことが多いです。

蝸牛型メニエール病を
詳しくみる

前庭型メニエール病

前庭型メニエール病は、難聴や耳鳴りが主な症状である蝸牛型メニエール病と違い、激しい回転性のめまいの発作を繰り返し起こすことが特徴で、発作はかなり長く続きます。

活動期の回転性のめまいだけではなく、非活動期には横に揺れているような動揺性めまいや、フワフワと浮いたように感じる浮動性のめまいを感じることもあります。

前庭型メニエール病を
詳しくみる

両側性メニエール病

一般的にメニエール病は一側のみに症状があらわれますが、内30%ほどの方には両側に症状がみられ、これを両側性メニエール病と呼びます。なりやすい人に特徴があり、難聴の程度が高いうえ進行も早く、早期の治療が求められます。

両側性メニエール病を
詳しくみる

レルモワイエ症候群

メニエール病の亜種とも言われるレルモワイエ症候群は、自律神経が乱れることにより内耳の血流が悪くなるために症状があらわれます。

耳鳴りと難聴がだんだん進行していって、ある時、突然激しいめまいにおそわれますが、数時間後にはめまいが治まり聴力も回復します。

蝸牛型と前庭型メニエール病の症状は、めまい・難聴・耳鳴りという3つの症状が同時に起き、同時に消えていくのが特徴ですが、レルモワイエ症候群は、3つの症状が入れ替わり立ち替わり起きるのが特徴です。

レルモワイエ症候群を
詳しくみる

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲