メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の種類をリサーチ

メニエール病の種類をリサーチ

突然めまいの発作が起きるメニエール病ですが、症状や原因によって、いくつかの種類があります。

症状によって異なる3種類のメニエール病

適切な治療を受けるために知っておくべき3種類のメニエール病の特徴をまとめています。それぞれの症状や原因、治療方法を確認してみましょう。

蝸牛型メニエール病

蝸牛型メニエール病の特徴的な症状は、キーンとした音が聞こえる耳鳴りと、人の話し声の周波数よりも低い周波数が聞き取りにくくなる低音難聴ですが、耳が詰まったような感じがしたり、音が歪んで聞こえることもあり、状態がよくなっても再発を繰り返すことが多いです。

蝸牛型メニエール病を
詳しくみる

前庭型メニエール病

前庭型メニエール病は、難聴や耳鳴りが主な症状である蝸牛型メニエール病と違い、激しい回転性のめまいの発作を繰り返し起こすことが特徴で、発作はかなり長く続きます。

活動期の回転性のめまいだけではなく、非活動期には横に揺れているような動揺性めまいや、フワフワと浮いたように感じる浮動性のめまいを感じることもあります。

前庭型メニエール病を
詳しくみる

両側性メニエール病

一般的にメニエール病は一側のみに症状があらわれますが、内30%ほどの方には両側に症状がみられ、これを両側性メニエール病と呼びます。なりやすい人に特徴があり、難聴の程度が高いうえ進行も早く、早期の治療が求められます。

両側性メニエール病を
詳しくみる

レルモワイエ症候群

メニエール病の亜種とも言われるレルモワイエ症候群は、自律神経が乱れることにより内耳の血流が悪くなるために症状があらわれます。

耳鳴りと難聴がだんだん進行していって、ある時、突然激しいめまいにおそわれますが、数時間後にはめまいが治まり聴力も回復します。

蝸牛型と前庭型メニエール病の症状は、めまい・難聴・耳鳴りという3つの症状が同時に起き、同時に消えていくのが特徴ですが、レルモワイエ症候群は、3つの症状が入れ替わり立ち替わり起きるのが特徴です。

レルモワイエ症候群を
詳しくみる

このページの上部へ ▲