メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療で使われる薬の種類と効果

メニエール病の治療で使われる薬の種類と効果

メニエール病の治療の目的は、発作の症状を和らげるための対症療法と再発を予防することです。長期の通院が必要になることもありますが、途中で治療をやめてしまうとメニエール病が慢性化する危険性が高いので、頑張って治療を続けましょう。

メニエール病を治療する薬の種類

メニエール病を治療する薬の種類

薬を使った治療が中心で、対症療法と予防が目的です。次のような治療薬が処方されます。

抗めまい薬、鎮吐薬

ジフェンヒドラミン(トラベルミン)といった成分が含まている、抗めまい薬、鎮吐薬は、神経の興奮を抑えて、めまいや吐き気を和らげると同時に、内耳の循環を改善する働きがあります。

自律神経調整薬

脳の視床下部という部分に作用し、自律神経の乱れを改善します。メニエール病は自律神経のバランスが崩れることも原因の1つと言われています。

血流改善薬

血流を増加させる薬です。血液の循環を活発にさせることで、発作の原因である内リンパ水腫(内耳にできた水ぶくれ)の吸収を促し、めまいを軽減する目的で使われます。

ビタミン剤

神経の働きを助ける作用があります。ビタミンB12(メチコバール)などがよく処方されます。

利尿剤

体内の水分の排泄を促す薬です。内リンパ水腫の改善に使われます。

炭酸水素ナトリウム

内耳の血流を増加させる働きがあります。内服薬ではなく、めまいが起こっているときの対症療法として、注射や点滴で投与されます。

精神安定剤、抗不安薬

めまいによる不安を和らげます。

急性期の治療

メニエール病を病院で治療する場合

メニエール病のめまいは時間が経つと自然に治まりますが、薬を飲めないくらい吐き気がひどいことが多いです。もし飲める場合は、自律神経症状(めまい、吐き気、冷や汗、動悸、息切れ)と同時に起こる不安感を解消するために安定剤や抗ヒスタミン剤が使われます。

市販の酔い止め薬も効果がありますが、前立腺肥大や緑内障がある人は使えないので注意してください。めまいを抑える薬の服用は、発作の治まりも早くなり左右の前庭機能の差を縮めてくれるので、積極的に使いましょう。

激しいめまいと吐き気のために救急車で医療機関に運ばれた場合、メニエール病の診断前に生理食塩水の点滴と抗ヒスタミン剤の注射が行われます。

慢性期の治療

内リンパ水腫を軽くする目的で、体の余分な水分を体外に出すために利尿剤(ほとんどの場合イソバイド)を使います。とても飲みづらいので水で薄めたり、ジュースで割ったりして飲む人が多いですが、牛乳で割ると固まってしまうので絶対にしないでください。

また、聴力の改善のためにビタミン剤が処方されることがあります。

いずれにしても、薬が体に合わなくて副作用が出た場合にはすぐ医師や薬剤師に相談するようにしてください。

メニエール病の薬

メニエール病で使用されている薬には、以下のような種類があります。薬の種類によって、効果や飲みやすさ、副作用などが違いますので、しっかり把握しておきましょう。

メニレットゼリー

メニレットゼリーは、利尿作用を促すことでメニエール病の原因である内リンパ水腫を小さくしてくれる薬です。

メニエール病になると、内リンパ腫となって耳の中に余分な水分が溜まり、めまいや耳鳴りなどの症状を引き起こします。メニレットゼリーには、溜まった水分のほとんどを24時間以内に尿として排出してくれる効果がありますので、めまいや耳鳴り、吐き気などの症状を和らげることができるのです。

見た目の特徴としては、その名の通りゼリー状になっていて、甘みのある味から徐々に苦くなっていきます。副作用は、発疹や紅斑、下痢、食欲不振、頭痛などがあり、場合によってはアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。

しかし、副作用が発生するのは約5%の確率なので、それほど頻繁に起こるわけではありません。ですが、万が一ということもありますので、何か異変を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

メニレットゼリーの効果を見る

イソバイド

イソバイドはメニレットゼリーと同様、利尿作用を促すことで内耳のリンパ水腫を取り除いてくれる薬です。内耳に溜まった余分な水分を尿として排出してくれるので、耳の圧迫感や耳鳴りなどを改善する効果があります。

イソバイドはメニレットゼリーと違って液体の薬ですが、味は甘みの後に苦味が来る感じではっきり言って美味しいとは言えません。そのままでは飲めないという人は、水で薄めて飲むことをおすすめします。

水で薄めてもまだ味が消えない場合は、柑橘系の果汁を混ぜて飲むとだいぶ飲みやすくなります。しかし、薄めすぎると薬の効果が弱まってしまうので注意しましょう。

イソバイドの副作用としては、下痢や嘔吐、不眠、頭痛などがあります。メニレットゼリー同様、副作用の発生率は低いのでそれほど心配はいりませんが、もし何か異常を感じたらすぐに医師の診察を受けましょう。

イソバイドの効果を見る

ステロイド

ステロイドは、難聴の症状が特にひどいという人におすすめの薬です。炎症を抑えてくれる効果があるので、使用することで内耳や神経の炎症を緩和することができます。

元々は、体の中の副腎という部分から分泌されている「コルチゾール」というホルモンから作られた薬で、メニエール病のほかにもアレルギー性疾患や自己免疫疾患などといった症状に効果を発揮してくれます。

飲み方としては、徐々に薬の量を減らしていく「漸減」という方法で行います。

しかし、長期間飲み続けると、副作用が出る場合もありますので注意しましょう。

ステロイドの主な副作用としては、高血糖、筋力の低下、肥満、皮膚が薄くなるなどの症状があります。使用量を守らないとこのような副作用が出てくる恐れがありますので、気を付けましょう。

プレドニン錠

強い抗炎症作用や免疫抑制作用、抗アレルギー作用などを持つプレドニン錠。メニエール病では内耳の神経の炎症を抑制するために服用されるほか、さまざまな病気の治療薬としても使用されている薬です。

飲み方としては、通常成人で1日1~12錠が目安。主成分としては5~60mgを1~4回に分けて服用します。ただし、症状や年齢によって服用する量や回数が異なるので、医師の指示に従って飲むようにしましょう。

また、服用して頭痛や吐き気、嘔吐、発疹、呼吸困難などの副作用があらわれる場合も。身体に異変があった場合は、必ず医師の診察を受けましょう。

プレドニン錠の効果を見る

セファドール

セファドールは耳の中や脳の血流を改善する働きがあり、内耳障害におけるめまいの症状を抑える効果が期待されている薬です。

形状は錠剤となっていて、用法・容量としては1回1~2錠、1日3回服用します。ただし、症状や年齢によって服用する量が異なるので、あくまで目安として把握しておくと良いですね。

めまいの症状を緩和してくれるセファドールですが、正しく服用しなかった場合は口の渇きや嘔吐、胸やけ、動悸などの副作用を招いてしまうことも。場合によっては重度の副作用を引き起こすおそれもあるので、使用上の注意を確認してから服用しましょう。

セファドールの効果を見る

ATP製剤

体内のエネルギー供給物質であるATP(アデノシン三リン酸)を主成分とするATP製剤。眼精疲労の軽減のほか、メニエール病や内耳障害においてはめまいを緩和する効果が期待されています。

形状は顆粒になっていて色は白色。メニエール病や内耳障害に伴うめまいで服用する場合は、1回100mgを1日に3回服用するのが目安とされています。しかし、多用することで副作用を引き起こすおそれも。特に、生理機能が低下している方、または狭心症治療薬を併用している方は、量の調整や服用回数の制限など、使用の仕方に注意しましょう。

ATP製剤の効果を見る

ストミンA

ストミンAは、耳や脳内の血管を拡張して血流の改善を促す薬です。内耳や中枢神経の障害で起こる耳鳴りの改善効果のほかに、メニエール病や聴神経腫瘍が原因で引き起こされる耳鳴りにも効果的だと言われています。

用法・容量としては、通常成人の場合2錠を1日3回食後に服用するのが目安。ただし症状や年齢によって服用する量が変わることがあるので、医師の指示に従って使用しましょう。

メニエール病の症状に効果的なストミンAですが、眠気や頭痛、過敏症、発疹などの副作用を引き起こす場合があります。含まれている成分や薬の特徴を把握したうえで服用するようにしましょう。

ストミンAの効果を見る

メリスロン錠

内耳の血流を増やして回転性のめまいを改善するメリスロン錠。内耳のリンパ液の増加や炎症を抑える作用をもつ薬剤です。特にメニエール病や眩暈症に伴うめまいの軽減に使用されます。

服用時は、成人の場合、6mgのメリスロン錠であれば1~2錠を1日3回。12mgのメリスロン錠であれば1錠を1日3回が目安になります。

重大な副作用はありませんが、服用後に吐き気や嘔吐、発疹などの副作用が生じることも。使用する際は用法・容量を守って正しく服用しましょう。

メリスロン錠の効果を見る

トリノシン顆粒

内耳の血管を拡張して血流を良くする働きをもつトリノシン顆粒。メニエール病や内耳障害から生じるめまいや、消化管機能の低下に伴う慢性胃炎の改善に効果的だとされています。

そんなトリノシン顆粒は重大な副作用は報告されていません。ただし、場合によっては食欲不振や便秘、発疹、耳鳴りといった副作用を発症するケースも。きちんと用法・容量を確認して服用しましょう。万が一使用した際に体調に異変を感じた場合は、すぐに医療機関を受診し医師に相談してください。

トリノシン顆粒の効果を見る

ナウゼリン

ナウゼリンは、胃や十二指腸におけるドパミンの働きを抑制して消化管運動を改善し、吐き気を誘発するCTZ(化学受容器引金帯)へ作用して吐き気を抑える効果がある薬剤。メニエール病では、めまいと吐き気が伴った場合に使用されます。

副作用は特に嘔吐や便秘、下痢などの消化器系が多く見られており、次いで女性化乳房や乳汁分泌などが発症するケースも報告されています。また、重大な副作用として意識障害や肝機能障害などを伴う恐れもあるので、使用上の注意をしっかり確認したうえで服用しましょう。

ナウゼリンの効果を見る

プリンペラン

胃腸の働きを活発化させ、吐き気や嘔吐、食欲不振などの症状を緩和させる働きをもつプリンペラン。メニエール病に伴う吐き気の抑制に効果的なうえに、胃炎や胃・十二指腸潰瘍などの疾患にも使用されている薬剤です。

気になる副作用は、めまいや眠気、血圧降下、下痢などの症状を伴う場合も。また、抗精神病薬のフェノチアジン系薬剤やハロペリドールなどの薬と併用すると、症状を悪化させる危険性があります。ほかにも併用注意の薬剤がありますので、服用する場合は必ず薬剤情報を確認してから使用してください。

プリンペランの効果を見る

トラベルミン

トラベルミンは、メニエール病やいわゆる乗り物酔いである動揺病に伴う吐き気や嘔吐、めまいなどを緩和させる働きをもつ薬です。臨床実験ではメニエール病などのめまいに対して86.89%の有効率、動揺病においては91.55%の有効率が認められています。

トラベルミンの主な副作用としては、眠気やめまい、頭痛、吐き気などが報告されています。また、発疹や動悸、排尿困難などの重大な副作用を引き起こす恐れもあるので、薬剤情報をしっかり確認したうえで服用してください。服用後に副作用が発症した場合は、使用を中止して医師の診察を受けましょう。

トラベルミンの効果を見る

メイラックス

脳の興奮状態を抑制させて神経症による不安や緊張、睡眠障害などを緩和させる作用を持つメイラックス。慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍などの心身症における抑うつや不安、緊張などを和らげる薬としても処方されています。

2mgを1日1~2回に分けて、水またはぬるま湯で服用しますが、2回分を一度に飲まないようにしましょう。過剰摂取した場合、過度の傾眠や昏睡を招く恐れがあるので注意が必要です。

副作用としては、眠気や思考減退、ふらつきなどを発症するケースも。薬の連用によって薬物依存を引き起こす危険もあるので、用法・容量を守って使用してください。

メイラックスの効果を見る

ジフェニドール トーワ

耳の奥側「内耳」の障害で発生するめまいを抑える働きがある「ジフェニドール トーワ」。メニエール病の原因のひとつに、「内リンパ水種」という症状があります。ジフェニドール トーワは、内耳のリンパ液が増加する「内リンパ水腫」が原因でおこるメニエール病の治療に用いられます。

薬の形状は錠剤で、通常成人は1回1~2錠を1日3回服用。症状や年齢によって服用する量は違うので、医師に相談してください。頭痛や幻覚といった「精神神経系」、蕁麻疹や発疹のような「皮膚系」などの副作用が起こる可能性があります。

ジフェニドール トーワの効果を見る

コンスタン

コンスタンは、心身症によって引き起こされた不安や緊張を和らげてくれる薬剤。ストレスが影響して発生するメニエール病の治療にも用いられています。

頭痛・吐き気・不眠・めまいといった症状が、コンスタンの主な副作用。他にも動悸や血圧低下などを引き起こす場合もあります。重大な副作用になると、幻覚や妄想などがあらわれることも。「体や気持ちがおかしい」と少しでも感じたら、医師に相談するようにしましょう。

薬の量は症状や年齢で変わりますが、通常は1回2~3錠を1日3回に分けて服用します。

コンスタンの効果を見る

フロセミド

フロセミドにある利尿作用促進効果によって、「内耳のリンパ水腫」を取り除いてくれます。内リンパ腫ができて耳の中に水分が溜まってしまうと、めまいや耳鳴りが発生。これがメニエール病の原因です。フロセミドは肝臓に作用し、体の中にある水分を尿として排除。メニエール病の改善のみならず、血圧降下作用や心臓への負担を下げる効果も期待できます。

通常、毎日もしくは1日置きに1日1回摂取。これは症状や年齢によって異なります。フロセミドの重要な副作用には、難聴・不整脈・肝炎・腎炎などがあるため、医師の指示をしっかり守って服用するようにしましょう。

フロセミドの効果を見る

リンデロン

リンデロンは抗炎症作用がある薬剤。メニエール病のような耳の炎症にもリンデロンは有効です。メニエール病のほかに、中耳炎・急性感音性難聴の改善にも効果があります。

リンデロンは、錠剤・散剤(粉薬)・シロップ剤の3種類から選ぶことが可能。どちらも1回に0.5~8mgを1日1~4回経口摂取します。子どもの場合は、シロップ剤を大人の半分の量で摂取するのが一般的です。

リンデロンに含まれている成分で、過敏症を起こしたことがある方は原則服用禁止です。原則禁止なので、どうしてもリンデロンが必要な場合は服用できる可能性も。服用前に、必ず医師に確認をとるようにしましょう。

リンデロンの効果を見る

カルナクリン

脳や手足の血管を拡張し、血流を良くしてくれる薬剤です。メニエール病をはじめ、閉塞性血栓血管炎(ビュルガー病)・高血圧症・更年期障害・網脈絡膜炎などの治療によく用いられています。

カルナクリンの主な副作用は、吐き気・嘔吐・胃腸の不快感・蕁麻疹(じんましん)・食欲不振・下痢・便秘など。副作用の発生率は約3%ほどしかないので、大きく心配する必要はないでしょう。もし副作用があらわれたら、すぐに服用をストップして医師に相談しましょう。

カルナクリンの効果を見る

ドラマミン

メニエール病だけでなく、自動車や船などの乗り物酔いにも効くドラマミン。施術後の吐き気を抑える際に処方される医薬品で、動物実験でも嘔吐を抑制する効果が確認されています。

症状や年齢によって飲む量は変わりますが、1日200mgを超える量を飲んではいけないとされています。副作用として目のかすみや胃痛が起きる可能性があるので、服用する際は医師への相談なく量や回数を増やさないように気を付けましょう。

ドラマミンの効果を見る

ダイアモックス

めまいや耳鳴りを和らげるダイアモックスは、緑内障やてんかんの治療にも処方されます。中枢神経に対する抑制や内耳水腫の除去作用があるので、めまいや耳鳴りを起こすメニエール病の改善には効果的です。

その他にも眼圧の低下や利尿作用といった効果があります。ただ副作用としてイライラや腹痛、アナフィラキシーショックなどを起こす可能性も。使用中に症状や異常を感じた場合は、医療機関を受診しましょう。

ダイアモックスの効果を見る

ソラナックス

脳の興奮状態を沈めてくれるソラナックス。自律神経失調症や抑うつに効果がある薬で、緊張や不安を緩和する作用があります。その他、胃や十二指腸潰瘍に関する身体症状にも効果があるのが特徴です。

注意点として、薬を服用しすぎると薬物依存を起こす可能性があるので、服用の際は飲む量に気を付けましょう。また、急激に飲む量を減らしてしまうと痙攣や不眠を起こす可能性もあるので、服用をやめる際は少しずつ量を減らしてください。

ソラナックスの効果を見る

リーゼ

消化器や循環器に関する身体症状だけでなく、抑うつや睡眠障害などの精神症状にも効果的なリーゼ。マウスによる実験で心身の安定化、鎮静睡眠作用などが認められているので、効果に期待が持てます。

しかし、眼圧が上昇する「急性狭隅角緑内障」や全身の筋肉が弱まる「重症筋無力症」を患っている方は服用を避けてください。また、長期間による服用で薬物依存を起こす恐れがあるので、異常を感じたら医師に相談しましょう。

リーゼの効果を見る

コートリル

ステロイドの一種でアレルギーの改善や免疫反応を抑制するコートリル。同じ作用を持つ成分「コルチゾン」より抗炎症作用が約1.3倍高いのが特徴です。

しかし、体調が改善された後に自己判断で服用をやめると発熱や関節痛を起こすかもしれません。1回飲み忘れたからといって1度に2回分摂取するのも副作用のリスクが高まるのでやらないでください。コートリルを処方された際は、自己判断で服用をやめたり量を増減したりせず、医師の指示に従って飲むようにしましょう。

コートリルの効果を見る

カリクレイン

血管を広げて血流を良くするカリクレイン。血流が滞って起こるメニエール病に対して効果的です。しかし、出血している際に服用すると血管が広がり出血多量を起こす可能性があるので気を付けましょう。

他にも心拍数が早くなる「心悸亢進」や「肝機能障害」などの副作用もあるので、1回飲み忘れたとしても2回分をまとめて飲んだりしてはいけません。年齢によって服用する量や回数が異なるので、医師や薬剤師から指示された量と回数を守って服用しましょう。カリクレインの効果を見る

メチコバール

自律神経に働きかけるビタミンB12が配合されたメチコバール。メニエール病によって起こるめまいや耳鳴りに効果があります。ラットによる実験では神経伝達物質の回復など神経疾患に対して効果があると確認されました。

また、薬の飲み合わせも気にせずに誰でも服用できるのがメリットの一つ。ただ、ごくまれな例として嘔吐や下痢の副作用が起こることもあるので、もしこれらの症状が出た場合は服用をやめて医療機関で診てもらうことをおすすめします。

メチコバールの効果を見る

デパス

メニエール病だけでなく精神病の治療薬としても処方されるデパス。耳鳴りやめまいを和らげ、神経に働きかけるのが特徴です。睡眠障害やうつにも効果があり、動物実験でも心身が安定したという効果が確認されています。

ただ、眠気や注意力の低下が起こるので服用中の運転は控えましょう。高齢になるとふらつきや倦怠感といった副作用が起きやすくなる他、投与する際は少量から飲み始めなければいけないので飲む量には注意してください

デパスの効果を見る

サアミオン

メニエール病で起こるめまいに効果的とされるサアミオン。椎骨動脈の血流量増加や血液の流動性改善にも効果があり、脳梗塞の後遺症による意欲低下も改善できるのがメリットです。

副作用として便秘・下痢・食欲不振がありますが、臨床実験での発生率は0.5%とあまり高くありません。ただ、依存性があるので3ヶ月経っても効果が現れない場合は使用を中止、医師への相談で量を調節や他の薬に変更するのも検討したほうが良いでしょう。

サアミオンの効果を見る

セロクラール

めまい改善効果のあるセロクラール。効果は臨床実験によって証明されており、改善率84%と高い結果が出ています。服用方法としては1日3回、食後に服用するのが望ましいのですが、年齢や性別などで服用する量が変わるので医師と相談して量を決めてください。

口の渇きや食欲不振といった副作用が出やすく、使用期間と量について慎重に決める必要があります。もし3ヶ月で効果が確認できなければ、服用を中止しなければいけません。

セロクラールの効果を見る

ケタス

ケタスにはメニエール病のめまいを改善する効果があり、臨床実験にてめまいが和らいだと感じた患者は約半数という結果に。動物実験でも神経保護作用が報告されていることから、効果に期待が持てます。

副作用として食欲不振や吐き気がありますが、発生率は1%以下と低く安全性が高いのもメリットの一つ。しかし、肝機能障害や血小板の減少といった副作用が起こる可能性も否定できません。異常を感じたら服用をやめて医療機関で処置を受けましょう。

ケタスの効果を見る

手術が必要な場合も

薬があまり効かなくなり、難聴も進んでいくなら手術が必要になります。

しかし、メニエール病患者の90%は手術をしなくても回復すると言われており、手術が必要なケースは稀です。

メニエール病の手術には2つの方法があります

  • 内リンパ嚢開放術(内リンパ水腫の嚢に穴を開け、たまった水分を出す)
  • 前庭神経術(聴覚の神経を傷つけず平衡感覚を司っている前庭神経だけを切断する)

ですが、これはめまいに対する治療で、難聴や耳鳴りの改善はあまり望めません。

医師への相談が大切

メニエール病の治療は、人によって効果があるものとそうでないものがあります。薬の効き目があまり実感できない場合や副作用がきつい場合などもありますが、勝手に使用をやめてしまうと余計に症状を悪化させてしまう恐れがありますので注意しましょう。

症状を悪化させないためには、医師に相談することが大切です。また、生活習慣を改善することで症状を緩和させることもできます。ストレスを溜めすぎないことや、バランスの良い食事を心がけること、水分を過剰に摂りすぎないことなどを意識して生活するようにしましょう。

また、メニエール病の症状かどうかあまりはっきりしない場合は、アリナミンやキューピーコーワなどの市販薬で一時的に症状を抑えることもできます。しかし、あくまでも一時的な効果なので、メニエール病の疑いがある場合は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲