メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院

メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院

メニエール病になった場合に行くべき診療科についてご紹介します。そのほか、めまいの種類に合わせた病院の診療科についても記載しているので、ぜひ参考にしてください。

メニエール病は何科に行けばいい?

メニエール病は激しいめまいや難聴、耳鳴りなどの症状がでる内耳の疾患であるため、断定できる人は耳鼻科に行きましょう。「まだめまいがあるだけで、メニエール病かどうかわからない」と言う人は、めまいの種類や症状に合わせて病院を選ぶ必要があります。

周りがぐるぐる回る回転性めまい

メニエール病にかかっている人が発生するめまい。耳の奥にある三半規管(さんはんきかん)の異常がめまいを引き起こしているため、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

身体がふわふわと浮くように感じる浮動性めまい

ふわふわする浮動性めまいは、脳卒中や脳出血、脳腫瘍といった脳の病気が原因となっているケースや、ストレスや自律神経の乱れが原因です。

めまいだけでなく頭痛が嘔吐、手足のしびれなど伴う場合は脳神経外科を受診。ストレスや睡眠不足などにより心身が疲れている場合は、うつや自律神経失調症を疾患している可能性があるため、心療内科での受信をおすすめします。

耳鼻科や脳神経外科などが近くにない場合は、内科に行くのもひとつの手です。そこで問診を受け、対応できない場合は紹介状を書いてもらいましょう。

めまい外来がある病院

めまいの診察を行なっているクリニックをチェック。耳・脳・心療の3つの種類に分け、特徴や治療方針を紹介します。

もちづき耳鼻咽喉科

問診・診察、綿密な検査を行ない、原因の追求を徹底してくれる「もちづき耳鼻咽喉科」。耳鼻咽喉科の個人クリニックでは、精密な検査を行なう環境が整っていないクリニックが多いのが現状です。

一方でもちづき耳鼻咽喉科は、内視鏡や顕微鏡などを使用して原因を調べ、めまいの改善に向けてベストな治療法を選択してくます。

また、大がかりな手術が必要な場合は、常に連携を取っている大学病院や総合病院を紹介してもらえるので安心。状況によってはもちづき耳鼻咽喉科の院長に執刀してもらうことも可能です。火曜日には女性医師が外来も担当してくれるので、女性でも気軽に足を運べるのが魅力となっています。

クリニック情報

  • クリニック名もちづき耳鼻咽喉科
  • 所在地:東京都豊島区目白3-14-21 2F
  • 診療時間 平日:09:00~12:30、14:00~18:00/土曜:09:00~13:00
  • 休診日:日曜・祝日
  • アクセス:目白駅より徒歩1分

もちづき耳鼻咽喉科の
めまい治療を見る

AIC八重洲クリニック

脳からくるめまいの診察を行なってくれるクリニックです。3名の常勤脳神経外科専門医が診療を行なってくれます。MRI・CTの画像診断は、放射線科専門医が担当。頭部MRI検査は年間30,000例を超える実績を誇っています。

また、画像検査の結果は脳神経外科専門医が再度チェックしてくれるため、より確実な診断をしてもらえるのが特徴です。

また、通いやすさもAIC八重洲クリニックの魅力のひとつ。日本橋駅から徒歩1分のところにあり、平日は21:00まで行なっているので、仕事帰りに通うことができます。

クリニック情報

  • クリニック名:AIC八重洲クリニック
  • 所在地:東京都中央区日本橋2-1-10 柳屋ビルディング2F
  • 診療時間 平日:09:00~21:00/土曜:09:00~17:00
  • 休診日:記載なし
  • アクセス:日本橋駅より徒歩1分

AIC八重洲クリニックの
めまい治療を見る

銀座内科・神経内科クリニック

銀座内科・神経内科クリニックは、精神的ストレスからくるめまいの診療を行なってくれます。

2005年に開業して以来、診療実績は延べ100,000例以上。神経学会専門医や日本内科学会認定医の資格を持つ霜田里絵院長が患者一人ひとりに合った適切な治療を行なってくれます。

銀座内科・神経内科クリニックに勤めている医師はすべて女性。男性に医師には相談しづらいという女性にはピッタリのクリニックです。

クリニック情報

  • クリニック名:銀座内科・神経内科クリニック
  • 所在地:東京都中央区銀座6丁目12-10 龍岡ビル2F 
  • 診療時間 平日:10:30~13:30、15:00~18:30/土曜:予約制
  • 休診日:日曜・祝日
  • アクセス:東銀座駅より徒歩5分

銀座内科・神経内科クリニックの
めまい治療を見る

東京ミッドタウンクリニック

六本木駅に直結している東京ミッドタウンクリニック。アクセスの良い立地にあり、充実した設備と幅広い診療を行なっています。それぞれ専門医が在籍しており、患者さんにとってベストな治療の提供を心がけています。

内科は予約不要での診察を行っていますが、めまいや頭痛を専門とした神経内科は完全予約制です。プライバシーを重視した完全個室で時間をかけて診察。それぞれの症状に合わせて最適な治療を提案してくれます。

クリニックではMRIやCTも導入しているので、検査段階で正確な診断ができるようになっています。多くの要因が重なって起こるめまい治療は、一人ひとりの症状に合わせた治療が何よりも大切。二人三脚で治療にあたってくれるクリニックです。

クリニック情報

  • クリニック名:東京ミッドタウンクリニック
  • 所在地:東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウンタワー6F
  • 診療時間 平日:9:00~18:00/土曜:9:00~12:00
  • 休診日:日曜・祝日・特定日
  • アクセス:六本木駅直結

東京ミッドタウンクリニックの
めまい治療を見る

東京頭痛クリニック

東京頭痛クリニックに在籍している医師は全員、日本頭痛学会による認定を受けた専門医です。専門医ならではの知識を活かし、いち早く患者さんが最適な治療を受けられるよう日々尽力しています。

患者さんに寄り添った治療を提供するため、通院している方に向け24時間の電話相談を受け付け。心理カウンセリングによる精神的なサポートも充実。自宅でできる頭痛体操や、新しい頭痛治療のひとつであるボトックス治療などさまざまな治療法を提案してくれるでしょう。

初診の際に提示された保険診療から自費診療まで選べます。頭痛やめまいの症状に悩まされている患者さんの強い味方になってくれるクリニックだといえるでしょう。

クリニック情報

  • クリニック名:東京頭痛クリニック
  • 所在地:東東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5-1F
  • 診療時間 平日:9:00~12:30、14:30~18:30/土曜:9:00~12:30
  • 休診日:日曜・祝日・特定日
  • アクセス:参道駅徒歩4分

東京頭痛クリニックの
めまい治療を見る

自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲