メニエール病の原因、症状と治療法がよくわかる改善ガイド

病気の基礎知識から克服方法までメニエール病を知るサイト

メニエール病の原因・症状・治療ガイド » メニエール病の治療で使われる漢方 » 女神散(ニョシンサン)

女神散(ニョシンサン)

メニエール病の代表的な症状(のぼせやめまい)のほか、出産前後の神経症への効果や血行不良や体力低下の改善、婦人系の症状改善などが期待できる漢方・女神散(ニョシンサン)の情報をまとめています。効果効能や副作用、使用上の注意点などをわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

女神散(ニョシンサン)の情報

女神散:添付文書(PDF)

女神散の効能・効果

女神散は、滞った血流を改善する漢方製剤です。のぼせやめまい、頭痛や不眠などの症状に悩まされるメニエール病の治療に用いられています。そのほか、妊産婦の神経症や更年期障害、月経不順など、女性ホルモンが影響する心と体の症状にアプローチできる薬です。

女神散の副作用

主な副作用

副作用の発現頻度は明らかになっていませんが、女神散の摂取によって、皮膚の赤みやかゆみ、胃や胸のむかつき、吐き気や下痢、食欲不振などの副作用が現れる可能性もあります。体質によっては発疹や蕁麻疹が生じるケースもあるようです。

上記のような症状が現れた場合は、速やかに女神散の使用を中止してください。

重大な副作用

女神散の摂取によって体内のカリウムが不足すると、筋力低下を引き起こす「偽アルドステロン症」や「ミオパチー」を発症します。これらは、生きるうえで必要な筋力を低下させ、最悪の場合死を招く恐れがある重大な副作用です。

女神散を使用して、偽アルドステロン症やミオパチーの症状(むくみや手足のまひなど)が現れた場合は、女神散の使用を中止してカリウム剤を投与してもらいましょう。

また、肝機能障害や黄疸が起こるケースもあるため、注意が必要です。

女神散の用法・容量

成人の場合、基本的に1日あたり7.5gの女神散を2~3回にわけて経口摂取します。摂取するタイミングは食前、もしくは食間です。

ただし、この処方量はあくまでも目安であり、年齢や体重、改善したい症状などによって適宜変動します。

薬効・薬理

女神散は、東洋医学でいうところの「血(けつ)」をコントロールする漢方製剤です。血流を改善して体全体に酸素や栄養が行き渡る体にすることで、のぼせやめまい、頭痛などの症状が緩和します。

また、漢方医学の用語では、月経や妊娠、出産や授乳など、女性ホルモンの影響で心や体が不安定な状態になることを「血の道症(ちのみちしょう)」といいます。女神散の血(けつ)をコントロールする力は、血の道症にまつわる婦人系の症状・疾患にもアプローチできます。

女神散の使用上の注意

女神散を摂取しても思うような効果が現れない場合は、その時点で使用を中断してください。女神散の効果を期待して長期間継続摂取すると、体内のカリウムが欠乏状態になり、重大な副作用(偽アルドステロン症やミオパチー、肝機能障害)が起こるリスクが高まります。

使用上の注意

禁忌(薬を使用してはいけない人)

甘草(カンゾウ)が含まれる製剤、または甘草(カンゾウ)に含まれる有効成分を配合した製剤を服用中の方は女神散を使用してはいけません。偽アルドステロン症やミオパチーが起こりやすくなってしまうため、併用を避けてください。

甘草由来の成分を含む医薬品はもちろん、甘草由来の成分を含む漢方薬やサプリメントを服用中の方も禁忌となります。

慎重投与

胃腸が弱い方は、女神散によって胃もたれや胸やけ、吐き気や食欲不振、下痢などの症状が現れる可能性があるため、慎重に摂取する必要があります。また、女神散を摂取する以前から胃もたれや食欲不振などに心当たりがある方も、女神散によって症状が悪化する恐れがあるため、慎重に摂取しましょう。

高齢者への投与

高齢者は若年層に比べて体の生理機能が低下しているため、女神散を通常量摂取すると作用や副作用が強く現れる可能性があります。

医師や薬剤師に相談のうえ、女神散の摂取量を減らしてもらいましょう。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

妊産婦や授乳婦の摂取における女神散の安全性データは不十分です。これまでに副作用は報告されていませんが、母体や胎児、授乳中の子どもの安全性をふまえるなら、摂取を控えたほうがよいでしょう。

医療施設や薬局では、妊産婦・授乳婦に与える危険性よりも効果が上回ると判断された場合のみ、女神散が処方されているようです。

ツムラ女神散エキス顆粒(医療用)の基本情報

  • 一般名:女神散
  • 薬価・規格:22.5円(1g)
  • 薬の形状:顆粒
  • 製造会社:株式会社ツムラ
自分の症状でわかる
メニエール病チェック
メニエール病とは?
メニエール病の初期症状
メニエール病の原因
予防
めまい発生時の対処法
耳鳴り発生時の対処法
生理前のめまい
診断基準
症状の進行
仕事は続けられるか
ヘルペスウィルス説について
パニック障害との違い
突発性難聴との違い
メニエール病にかかった芸能人
メニエール病Q&A
メニエール病とメニエール症候群の違い
メニエール症がかかりやすい人
メニエール病の助成金・補助金はある?
メニエール病と年齢の関係
メニエールと似た病気
メニエール病は難病認定されているのか
メニエール病の完治
めまいと貧血の関連性
めまいの種類
メニエール病は遺伝?
メニエール病の治療方法
栄養療法
サプリメントで予防
メニエール病の治療で
使われる薬の種類と効果
イソバイド(イソソルビド製剤)
メニレットゼリー
プレドニン錠
セファドール
ATP製剤
ストミンA
メリスロン錠
トリノシン顆粒
ナウゼリン
プリンペラン
トラベルミン
メイラックス
ジフェニドール「トーワ」
コンスタン
フロセミド
リンデロン
カルナクリン
ドラマミン
ダイアモックス
ソラナックス
リーゼ
コートリル
カリクレイン
メチコバール
デパス
サアミオン
セロクラール
ケタス
グランダキシン
ハイゼット
イソメニール
ドプス
ピーゼットシー
ピレチア
メニエール病の治療で
使われる漢方
五苓散(ゴレイサン)
苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
真武湯(シンブトウ)
加味逍遙散(カミショウヨウサン)
柴胡加竜骨牡蠣湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
桂枝茯苓丸料(ケイシブクリョウガンリョウ)
釣藤散(チョウトウサン)
当帰芍薬散料(トウキシャクヤクサンリョウ)
桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)
女神散(ニョシンサン)
香蘇散(コウソサン)
麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
メニエール病の治療ができるめまい外来がある病院
もちづき耳鼻咽喉科
AIC八重洲クリニック
銀座内科・神経内科クリニック
東京ミッドタウンクリニック
東京頭痛クリニック
メニエール病を
治療するための手術
内耳破壊手術
内リンパ嚢開放術
メニエール病によいと
される栄養成分カタログ
酵素
アミノ酸
ギャバ
ギンコライド
ルスコゲニン
ビタミン
マグネシウム
鉄分
メニエール病の
種類をリサーチ
蝸牛型メニエール病
前庭型メニエール病
両側性メニエール病
レルモワイエ症候群
編集方針
このページの上部へ ▲